■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
北陸鉄道の住友ゲルリッツ式台車?
うちらしくない(?)JRネタが続きましたが今回は金沢駅から出ている北陸鉄道浅野川線内灘駅まで足を延ばします。

3301-960325-1.jpg
1958(昭和33)年日本車輌製のモハ3301
浅野川線は1996(平成8)年に架線電圧を直流600Vから同1500Vに昇圧するまで昭和30年代に相次いで新製した日本車輌製の電車たちが主力でした。
この北鉄標準車ともいえるオーソドックスなデザインの電車・・・案外と類似車が存在しないのです。
側窓の構造などは当時の名鉄3700系列に近いですが角張った車体に貫通扉下のアンチクライマや巨大な渡り板は何とも武骨。車体裾まで位置を下げられた尾灯も相俟って独特な風貌です。

車体も独特なら台車も結構変わっています。
3301-940912-1.jpg
モハ3301のND4B台車。
釣り掛け電車の台車にしては国鉄形新性能電車でお馴染みのDT-21のような見た目。
ですがよく見ると軸ばねがウイングばね構造になっておらず、軸箱上には隙間から板バネが少し見えています。
どこかでこんな台車を見た気が・・・。

040820-2110-1.jpg
えちぜん鉄道MC2110が履いていた住友金属工業製FS107。
名鉄の3300系(2代目)廃車時にえちぜん鉄道入りした台車です。
3300系以前は3850、3900系(1951(昭和26)~1952(昭和27)年日車製)が履いていたものです。
軸ばねに板バネとコイルばねを組み合わせたゲルリッツ式の構造を取り入れたもので、2011(平成23)年まで瀬戸線の6750系も同じ台車をはいて大手私鉄最後の吊り掛け電車として活躍していたのは記憶に新しいところ。

北鉄モハ3301の台車は型式名頭の「ND」から日車のメーカー形式と思われますが住友ゲルリッツ式(本場のゲルリッツ式とは厳密には違うもの)の構造そのもの。
当時はカルダン駆動車が増えていく頃で結果として子の台車は新製電車用の吊り掛け台車としては末期の珍しい一品となってしまったのでしょうね。

なお次の「西宮後停留場」更新ではこれら浅野川線の旧型電車時代末期の姿をUPする予定です。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

過去のアルバムより | 22:25:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ