FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
関東非電化私鉄巡り2
次は下館に出て真岡鐵道に乗ることに。
DSC_0423.jpg
と言っても蒸機牽引列車に乗るのではなく・・・

DSC_0427.jpg
下館から真岡にC12と客車を回送する際に客車のうち1両だけ客扱いするという6103列車狙いでした。
側線で待機していたDE10 1535がすぐに連結されます。

DSC_0434.jpg
右から関東鉄道常総線、JR水戸線、真岡鐡道と3社の列車が並びます。

JR東日本から譲渡された50系客車。
子供の頃(国鉄時代末期)は帰省時に使う山陰本線京都口でもラッシュ時に使われていましたが、乗るのはいつもキハ58系の急行丹後(これはこれで今となっては超貴重ですが)で、客レには一度も乗ったことがありませんでした。
夕刻の京都駅山陰線ホームへDD51が牽引する50系客車が滑り込んでくるのをホームから羨望のまなざしで見ていた思い出が(笑)
当然非冷房なので窓全開、DE10の汽笛とエンジンの唸りが風に乗って聞こえて来て気分は最高♪
煙が入ってくる蒸機とは違って窓を開けてても落ち着いていられます。

DSC_0452.jpg
真岡に着いた6103列車。入換はどんな具合で行われるのかな?

DSC_0454.jpg
一旦茂木方に引き上げて側線へ入り、両機関車が客車を置いて車庫へ入ります。
DE10は車庫に入って一足先に眠りについた後もC12は給炭作業が続きます。
やはり蒸機は手間が掛かりますね。

DSC_0491.jpg
真岡駅構内にはほかにも怪しげな留置車両群が・・・部品取り用なのか大阪貨物ターミナルで入換に使われていた関西フレートサービスのDE10 1014。
さらに前はJR四国でアイランドエクスプレスを牽引していた機関車です。

DSC_0498.jpg
側線に置かれた50系客車。車内では入念に清掃作業が続いていました。暑い中お疲れ様です(_ _)

DSC_0500.jpg
主力の気動車は富士重工・日本車両製のモオカ14形。
並べて見るとライトなどの配置が違い表情が違いますね。
左が富士重工製のモオカ14-2、右が日車製モオカ14-7。
チェック模様の塗装はモデラー泣かせでしょうね(^ ^;)
僕は緑の濃淡具合にどことなく富士急バスを連想してしまいます。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

撮影行 | 17:42:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する