FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
御嶽山麓の秋
パソコンのHDD破損で暫く穴をあけてしまいました。

御嶽山直下の開田へ行ってました。
やはり観光客激減が悩みの種だそうで。
行きつけのお店の御主人もあまりにお客が少ないので平日はお休みにして村内を見て回ってたとか。
噴火前は天気が悪い日が多かったのが噴火後なぜか晴れの日が多くなったということでした。

DSC_0602.jpg
御嶽から最も近い場所を走っていた福島営林署鹿ノ瀬・新高線、冷川の木橋跡~
王滝川と違って川の水は透き通っていました。
やはり噴火口が飛騨側を向いているせいか湯川以外はあまり噴火の影響はない様子。

DSC_0615.jpg
開田郷土館前のC4。バックの木々はすっかり秋の装い。

DSC_0638_20141023231708893.jpg
きれいな青空が広がっているものの御嶽山だけは笠を被っていました。
噴煙だか雲だかわかりませんね。

DSC_0644_20141023231710e8d.jpg
刈入れが終わった末川線の髭沢川木橋跡~。

DSC_0650_201410232346586f4.jpg
林鉄と関係ないですが旧・開田村名物の国道もどき村道標識。

DSC_0653_20141023234700f58.jpg
御嶽山の北を回って飛騨に入りました。
野麦峠への道が分かれた辺りに名古屋営林局久々野営林署の日陰沢森林鉄道があったはずなのですが高根第一ダムの底となった様子。
まあ谷川の上の林道が綺麗だなあというくらいで。

DSC_0661_201410232347028ab.jpg
短い秋の日が暮れてひめしゃがの湯で保存されている初期の酒井。
名古屋営林局小坂営林署の小坂森林鉄道下島停車場跡近くです。
車両は木曽のものですが初期型酒井は小坂でも使われていました。
まあカナ書きの「サカ井」はなかったようですが。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 23:59:39 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
早速ブログを拝見しました。
私も冷川木橋をたびたび訪れていましたが、とうとう落ちてしまいました。
廃線跡探しはあまり行っておりませんが、御嶽山周辺お誘いください。
2014-12-22 月 12:40:22 | URL | くるまや [編集]
くるまやさん、お越しいただきありがとうございます。
冷川木橋は2011年夏には架かっていましたが翌年落ちているのにがっかりした覚えがあります。
開田高原は当初林鉄跡巡りで行っていたのですが家族を連れて行ったら風景や食べ物をすっかり気に入ってしまい毎年必ず何度かは連れて行ってます。
最近は近所の岐阜県図書館では旧版地形図が閲覧でき、地元の市立図書館でも国立国会図書館所蔵の営林局資料などが見られるようになり、資料堀りがやり易くなってきました。
林鉄・林業関係資料のことなど微力ながらご協力できることもあるかと思いますのでどうぞお気軽にお尋ねください。
また飛騨、木曽へ参る際はご連絡いたしますのでご都合がよろしければよろしくお願いします。
2014-12-22 月 22:58:15 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する