FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
片倉工業両羽製糸所→ジークライト化学礦業高畠工場専用鉄道1(山形交通高畠線高畠駅)
山形交通高畠線高畠駅からは専用鉄道が分岐していました。
1923(大正12)年開業と専用鉄道としても古い歴史を持っています。
距離は短いものの屋代川には併用軌道橋が架かり独特の雰囲気を持っていたようです。
廃線跡の遺構はほぼ皆無なのですが調べているうちに歴史の深さからテキスト量が膨大に・・・現地再調査に行きたいなあ。

作業キロ:0.4km
作業方法:社機

takahata-map1974.png
高畠駅構内の現役末期の記録から見ると配線はこんな感じだった様子。
車庫の辺りがかなり怪しげですが本線や専用線は大体こんな感じということで・・・(^ ^;)
当時の写真でも特にホームの番線表示などは見られないのですが便宜上1、2、3番線の番号を振ってます。
3番線は直接専用鉄道に入ることができ、電気機関車は3番線や駅舎横の貨物ホームで撮影されたものとみられる写真が多いです。工場内の配線は全くもって不明。

●生糸の山形・・・両羽製糸所
地元資本の兩羽製絲株式会社(環境依存文字なので以下は「両羽製糸」と表記)が高畠で創業したのは1889(明治22)年。
山形県の生糸は「羽前エキストラ」としてアメリカなどで人気がありましたが、両羽製糸は業績不振のため20年ほどで解散。
工場は1909(明治42)年2月12日に横浜の茂木商店へ譲渡されますが、長野県を中心に生糸紡績を行っていた片倉組(現・片倉工業…世界遺産・旧官営富岡製糸場を操業・保存していた会社)が全国展開のため同工場を買い取り同年4月21日片倉組両羽製糸所となりました。
片倉組は1920(大正9)年3月に株式会社へ改組して片倉製糸紡績、1943(昭和18)年に現社名の片倉工業へ改称しています。

●専用鉄道の開業
片倉組→片倉製糸紡績では両羽製糸所を大幅に拡張し、専用鉄道もその際につくられたものと思われます。
なお鉄道省から専用鉄道の使用認可が下りたのは1923(大正12)年6月12日とのこと。
専用鉄道で輸送していたのは工場の動力源となる石炭や製品の生糸と思われます。
片倉製糸紡績は生糸を横浜港、神戸港から欧米向けに輸出していたということなので、高畠産の生糸を積んだ貨車の行先は横浜港駅だったのでしょうか?
原料となるカイコのサナギ・・・繭(マユ)は鉄道輸送には難があったこと(後述)や調達先が周辺各地に分散していたこともあって行っていなかったようです。

●鉄道で生繭を運ぶには?
生糸の原料となる生繭は県内各地で調達され天童には両羽製糸所所属の山形繭取扱所があり両羽製糸所へ原料を供給していました。
生き物である生繭を工場へ送るのに有蓋貨車を使うと窓のない車内の暑さでカイコが蒸されて死んでしまいます(蒸損事故)。
DSC_0996.jpg
当時の有蓋貨車の一例 鉄道省ワ1形ワ5490号1906(明治39)年新潟鉄工所製
貨物鉄道博物館 三岐鉄道丹生川駅


片倉製糸では生繭を貨車輸送する方法を鉄道省と共同で研究し、通風車を利用するのが良いという結論を出しました。
ところが通風車は生繭の輸送シーズンに必要数が確保できなかったようで鉄道輸送は挫折します。
両羽製糸所では高畠鉄道が電化した頃の1929(昭和4)年にシボレートラックを1台購入し原料輸送に充てています。
ところがこの虎の子シボレーは翌年に工場近くの踏切で高畠鉄道の電車(恐らくデハニ1)と衝突大破してしまいました。
この踏切ではその後も事故があったようで1940(昭和15)年に当時はまだ珍しい踏切警報器が設置されています。
元々1台では輸送力が足りず、運送会社のトラックを使っていたようですが事故後は全て運送会社任せになっていたと思われます。

●製糸工場としての末期
戦時中は軍需工場への転用があったのかはわかりませんが可能性は高そうです。
戦後も昭和30年代前半は紡績工場として続いていたようですが、1962(昭和37)年にはジークライト化学礦業の工場に変わっているのでそれまでに撤退していたものと思われます。
因みに国鉄が出していた専用線一覧では高畠線廃止前最後の1970(昭和45)年版でも片倉工業の専用鉄道として出ています。
工場だけ貸して名義は変えてなかったのでしょうかな??

参考文献:RM LIBRARY82 山形交通高畠線・尾花沢線(鈴木 洋・若林 宣/ネコパブリッシング)
       専用線一覧表(日本国有鉄道貨物局)
       片倉製糸紡績株式会社二十年誌(片倉製糸紡績)
       専修大学社会科学年報第40号 片倉製糸の東日本における貨物自動車輸送(高梨健司)
       

       
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:29:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する