FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
東亜紡織楠工場専用線(近鉄名古屋線楠駅)
三重県四日市市の南端、近鉄名古屋線楠駅に隣接する東亜紡織楠工場の専用線。
毛糸紡績の工場で1934(昭和9)年に中央毛糸紡績四日市工場として操業開始しています。
当時の伊勢電気鉄道楠駅に隣接して原材料や製品輸送の便の良さもこの地に工場を建設した理由の一つです。
伊勢電は四日市港に陸揚げされる羊毛をここまで運び込んでいたと思われます。
戦時中の1941(昭和16)年に合併で東亜紡織となり(同社は大垣にも工場があり、近鉄の専用線が延びてました)
1944(昭和19)年には名古屋から陸軍工廠の一部が移転してきて高蔵製造所楠分工場とされてしまい、機関砲の弾丸製造に使われていましたが戦後ふたたび毛糸紡績工場に戻りました。
専用線は創業時から1959(昭和34)年の近鉄名古屋線改軌による貨物輸送廃止まで使っていたものと思われます。

作業キロ:0.2km
作業方法:手押

DSC_1014.jpg
楠駅の横には創業以来のものと思われる塀が線路との間に立っています。

DSC_1008_2014062623114920d.jpg
伊勢中川方には倉庫に隣接した貨物ホームの上屋が残ってます。
専用線はこの倉庫まで行き止まり式の線路が1本延びていただけのようです。

DSC_1009_20140626231150457.jpg
工場から踏切を挟んで保線車両用の側線があります。国土地理院の航空写真を見ると専用線現役時代にここに貨車らしき影が見えますが、貨物ヤードだったのでしょうかね?
楠駅は2本の専用線が延び貨物扱い量も多い駅だったのでありえそうです。

DSC_1018.jpg
今度は側線が分岐していた名古屋方から。
現在の楠駅は本線が真ん中で、ホームは待避線上にある新幹線形の配線ですが当時は本線に相対式ホームがあり、上り線からホームを挟んで貨物側線があったものと見られます。
専用線は手前右寄りで分岐し工場の塀に沿って延びていました。

DSC_1035_20140626231155771.jpg
ホーム上から見ると手前だけ明らかに新しそうな塀になっており、ここから貨車が入っていた様子。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:35:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する