■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
田立森林鉄道~作業軌道2~
DSC_0928.jpg
不動岩の上には柵なんぞという過保護なものはなくこんなです。
そんな狭い場所でもないので崖っぷちに近付かなければいいだけのことですが足元にはくれぐれもご注意を。

DSC_0935_20140622223341751.jpg
不動岩から50mばかりで作業軌道跡の林道に出て左折。
林道自体は拡幅されてるのであまり風情はないですが間もなく目的のものが見えてきます。

DSC_0937_201406222233422b0.jpg
にしても・・・断面でかっ!!林鉄のままとは思えない大きさ・・・やはりトラックを通すために拡幅されたものかと思われます。
JRの電車であっても余裕で通れそうな大きさです。

DSC_0938_2014062222334373d.jpg
トンネル前には説明板も立てられてます。

DSC_0940_20140622223345d5b.jpg
トンネルの山側はこんな感じ。あまり地被りもなく切通し化しても不思議ではない程度。
横幅を測ってみたところ地面の部分で4400mm・・・やはり電車でも余裕で通れる幅です。

DSC_0946.jpg
トンネル内にはドリル刃の跡が。φ30mmです。
これは軌道廃止後の昭和30年代にトンネルを拡幅したときの痕跡だと思いますが作業軌道建設時は本当に手掘りだったのでしょうか。

坂下営林署には岩手富士産業製の特殊軽量機関車No.103が在籍しており、この作業軌道で使っていたのではないかと思われます。というわけで下に高知の魚梁瀬にいる同型機の写真をあげときます。
DSC_0390.jpg
特殊軽量が入る前にはバイク改造機関車という代物もいたようでなかなか面白げな軌道です。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 00:36:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ