FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
田立森林鉄道~作業軌道トンネル1~
長野営林局坂下営林署田立森林鉄道を「停留場」で紹介してから結構経ちました。
岐阜・長野県の県境を跨ぐ珍しい林鉄で、2級線終点の馬小屋付近までを扱っていました。

今回はその先に続くインクラインの上にあった作業軌道のトンネルです。
田立の滝の上に林鉄のトンネルがあるということは滝の観光案内にも出ており結構有名な様子。
これは見て置かねばと調査に行って来ました。

DSC_0863.jpg
まずは田立森林鉄道2級線終点馬小屋から少し登ったところにあるる田立の滝駐車場から出発。
因みに林鉄のインクラとは全然違うルートなので鉄道とは何の関係もない登山道です。
協力金1人当たり100円を支払い登山開始~。

DSC_0877.jpg
遥か上に聳える不動岩。作業軌道はあの岩のてっぺんと同じレベルを走っていました。
一見しただけではあんな高さを鉄道が走っていたとは現実味が感じられませんねぇ(^ ^;)

DSC_0906_20140622223258a69.jpg
「田立の滝」は複数の滝の総称ですがその内の一つ天河滝。
のしかかって来るような大岸壁から清流が落ちています。

DSC_0919.jpg
1時間ほど登り(撮影しながらなのでペースは遅い)涼しい渓流から離れ不動岩への登りにかかり・・・

DSC_0925_2014062222330043a.jpg
ほどなく不動岩の上に到着。水場を離れ風もない山中を登ってきたので吹き抜ける風が気持ちいい。
思いっきりガスってますが眼下には田立や坂下の町並みが望めます。

DSC_0925_1.jpg
因みに中央西線を書き加えるとこんな感じ。

DSC_3069_1.jpg
逆に中央西線沿いの行きつけ撮影ポイント(坂下駅の中津川寄り)から見上げるとこうなります。
田立林鉄の列車が直通で乗り入れていた坂川鉄道(→坂下森林鉄道)新坂下駅から高低差で見ると何とも凄まじい・・・。
運材台車はインクラインを介して作業軌道と直通していたので不動岩の高さから新坂下駅まで実際に下っていたことになります。

国土地理院の電子国土基本図から各地の大まかな標高を出すと不動岩(1300m)~馬小屋(700m)~奥屋駅(530m)~新坂下駅(325m)と運材台車は高低差1000mを走り抜けていたことに・・・間にインクラを挟むとは言えとんでもない登山鉄道です(・・;)

次回はトンネル調査編
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 23:28:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する