FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
富士急下吉田駅の貨物側線~2~
引き続き富士急下吉田駅の貨車群です。

ワフ2は元南海電鉄ワブ517。ワフ1はワブ513とのこと。
1930(昭和5)年田中車輛、梅鉢鉄工所製とのことですが端梁を見るとバッファー穴を」埋めた跡があり、少なくとも台枠は大正以前に製作されたようです。
富士急では開業時以来の木造ワフが老朽化したため、貨物縮小で余剰が出た南海の鋼製ワブを購入したようです。
しかし富士急線の貨物も長くはなく1974(昭和49)年の入線から4年ばかりでお役御免になってしまいました。

DSC_0805.jpg
これで後は標識灯を提げた姿を見たいもの。

DSC_0828.jpg
ワフ1には当時の積み荷が再現されてます。

DSC_0824.jpg
地元産の甲斐絹などなど

DSC_0835.jpg
運転士、車掌×2の名札差し。

DSC_0832.jpg
執務机と収納式の丸椅子。
富士急に移ってからはゆっくり走っていたのでしょうが南海本線の貨物列車はかなり飛ばしていたそうで・・・
果たしてワブの乗り心地はどんなものだったのか・・・。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:16:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する