■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
農林省京都農地事務局→愛知用水公団専用線(飯田線三河川合駅)
宇連(うれ)ダム建設用に敷かれた側線。
宇連ダムは河川の少ない渥美半島へ水を送る豊川用水の水供給源です。
戦後間もない1949(昭和24)年に建設が始まります。
当初は農林水産省が建設、1955(昭和30)年に愛知用水公団が設立されるとこちらに移管されたようです。
なお愛知用水公団は現在の独立行政法人水資源機構の母体で宇連ダムも同機構の所管になってます。

専用線は1953(昭和28)年から使用されており、セメントや骨材となる砂利輸送に使われています。
セメントは金指の住友セメントや三河田原の小野田セメントから来ていたようです。
砂利は長野県天竜川砂利採取専用線(飯田線千代駅)から元富士身延鉄道のED21+15t無蓋車(トム)10両という編成でピストン輸送していました。
三河川合駅からダムサイトへの資材輸送は索道を使っていたそうです。
宇連ダムの建設工事が1958(昭和33)年に完成すると専用線も不要になったと思われますが専用線一覧上では1964(昭和39)年版にも使用中止とあるものの記載があります。

作業方法:国鉄機、手押
骨材線:0.4km、セメント線:0.3km

DSC_0043_2014011423224568a.jpg
三河川合駅は国鉄買収前に鳳来寺鉄道と三信鉄道の接続駅だったためか構内は広大です。
また保線の拠点にもなっているようで架線工事の研修施設(?)や保線車の留置側線、詰め所もありました。

DSC_0040.jpg
左の側線は現在保線車用。ホッパーに続く骨材線は山側にもう1本あった線路らしいのですが山側に土留め柵ができたためか敷地が狭まってます。

DSC_0034.jpg
豊橋側を見た様子、骨材線は撤去済みですが、右に途切れたレールが見えます。
こちらは元のセメント線でしょうか?

DSC_1007.jpg
飯田線の電車から見ると豊橋側にホッパーが残っています。
ここで砂利をトムから降ろしていたとなると、線路はホッパーの天端に上っていたことになります。
ひょっとしたらホーム脇から勾配を登りホッパーに達する桟橋軌道になっていたのかも知れませんね。
手前の架線や踏切警報器は専用線と関係なく保線区の研修用と思われます。

参考:鳳来町誌 交通史編(鳳来町教育委員会)
市町村史というと明治時代以降が物足りない記述になりがち(特に戦後は・・・^ ^;)ですが鳳来町誌は小さな町とは思えないくらいに緻密で詳細な町史をまとめています。
鳳来町誌 交通史編は鉄道専門書かと思うほどの質とボリュームでした。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 00:05:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ