■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
三重交通専用線(関西本線桑名駅・三岐鉄道北勢線西桑名駅)2
新たな事実が分かったので本記事については訂正します。
三重交通北勢線の砂利貨物輸送~その2~


調査から推定した配線の想像図

国鉄(JR)、近鉄の砂利専用線と関係ない線は現状の配線を描いてます。

ということで当時の北勢線砂利列車の入換手順を考察してみることに~

引上げ線の長さは大体50~60mくらいのようです。
対して列車の長さがどれくらいになるかというと・・・
当時の砂利貨物列車は北勢電鉄20形引継ぎの三重交通デ71形電気機関車がトブ821形ダンプ貨車、トブ891形無蓋貨車を牽いていました。
当時の写真ではトブを11両牽いてる写真が見られました。
デ71の全長は9394mm(後の近鉄時代のデータ)なので大体9.4m、トブの図面は見付けられないのですが側面の写真から見て仮に大体4.2mとします。
そうなると列車長は55.6mと引上げ線に入れるのか微妙なところ・・・(^ ^;)

北勢線側の入換手順としては
●仮説その1 ~1列車を分割して積替え~
①西桑名到着
②機回しして編成を2分割、1編成目を積出し線へ
③機関車だけ西桑名駅へ戻る
④残る2編成目を積出線へ
⑤国鉄貨車へ砂利積込み終了後は②~④の逆の手順で帰りの星川行き列車編成を組成
⑥西桑名発車
この場合引上げ線には余裕で入るでしょうが入換手順に時間がかかり線路を長いこと塞いでしまいます。
砂利列車は員弁川河原~星川~西桑名を多い時で1日10往復したと言いますから、この方法では北勢線を貨物専用にしないと難しそうです。

●仮説その2 ~2列車を積替え~
①西桑名到着
②機回しして全編成を積出し線へ
③隣の積出し線にいる1つ前の列車が置いて行った編成を引取り西桑名駅へ
機回しして西桑名発車
こちらの方が現実的な気がしますが引上げ線の長さ問題が引っ掛かります(笑)


あくまで推定に過ぎないので、情報募集中ですm(_ _)m
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 18:42:17 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
当時の画像があると良いですね!
当時の砂利線画像があると良いですね!

もしかしたら、プレスアイゼンバーンのレイルに載ってましたかね?
2013-12-31 火 18:49:55 | URL | 南野哲志 [編集]
丹波の煙、伊勢の怪
南野さん、こんばんは~。
>もしかしたら、プレスアイゼンバーンのレイルに載ってましたかね?
情報ありがとうございますm(_ _)m
そういえば三重交通ナローの特集をいつぞやに見たような。
木橋上の凸型電機+ダンプ貨車の写真があれば見てみたいものです。
津の図書館に所蔵されてるようなので今度行ったら見てみようかと思います。

砂利側線は星川の方はRMの「森製作所の~」でばっちり出てましたね。
本線貨物の写真もたまに見かけますが積出し側線まで記録する人はなかなかいなかったようで。
桑名や三重県図書館でも探して見ましたがやはりそれだけマニアックな記録はなかなかありませんね。

それでは良いお年を~♪
2013-12-31 火 21:43:43 | URL | 西宮後 [編集]
昭和50年航空写真
こちらでは初めまして。
昨年の王滝村森林鉄道祭りで長々お話をさせていただいた者です。
ネットではハンドルをLOCKE(ロック)に統一しています。

本題ですが、表題のように国交省が閲覧できるようにしている航空写真サイトで写真を
見てみたところ昭和50年の物だけですが閲覧できます。

http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/75/ccb-75-28/c41/ccb-75-28_c41_26.jpg

見た感じ直接荷下ろし側線に入線できるようしてあったんじゃないかな?
と思うのですが。

砂利輸送していた当時と配線が異なるかもしれませんが、西桑名駅は着発線が1本しか
なく1度西桑名駅に砂利列車を入れていたのでは容量的に無理があるような気がします。
2014-01-01 水 23:07:18 | URL | LOCKE [編集]
まだ何とも言えないのですが・・・
LOCKEさん、おはようございます。
林鉄フェスティバルではお世話になりました。

ご意見ありがとうございます。
昭和50年の西桑名駅~
現在の駅への移転前ですね。
仰る通り旅客側の着発線は1本だけなのでここを塞ぐとダイヤ上制約が大き過ぎると思います。
北勢線の国鉄連絡貨物扱いは国鉄貨物ホームの横で行っており、阿下喜方から見て旧西桑名駅に進入するカーブ手前(今の西桑名駅辺り)で貨物側線が分岐、国鉄沿いに直進してました。
この側線は機回し線になっていたようなので砂利貨物は旅客ホームには入らずこちらに入って機回しを行っていたのではないかと考えています。

>見た感じ直接荷下ろし側線に入線できるようしてあったんじゃないかな?
と思うのですが。
ダイヤを空けるためにはそれが一番良いと思います。
ただ阿下喜側から来た列車が積出し線に直接入線すると電気機関車が木橋の奥まで入ることになります。
運用側としては「重い機関車が木橋奥深くまで入るのは保安上好ましくない」と考えそうなので、機回し後推進運転で木橋に貨車を入れると想定して配線図を描きました。
とは言えあくまで想像なので証拠資料が出てこないとそれ以上は何とも言えない状態です(_ _;)
国土地理院の航空写真では砂利積み出し施設があった昭和21年のものがあります。
http://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=1176221&isDetail=true
解像度が荒く細かい配線までは判別できませんが今のところ見付けた資料では最も鮮明に積出し線が写った写真です。

それでは本年もどうぞよろしくお願いします。
2014-01-02 木 11:42:17 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ