FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
三重交通専用線(関西本線桑名駅・三岐鉄道北勢線西桑名駅)1
三重交通北勢線(現・三岐鉄道北勢線)と国鉄の砂利積替えの側線跡です。
国鉄側専用線のデータ
作業方法:国鉄機、国鉄動車
作業キロ:0.2km

北勢線は当初北勢電気鉄道が1914(大正3)年に開業させて2014年に100周年を迎えます。
その北勢電鉄が1931(昭和6)年に員弁川での砂利採取直営に乗り出します。
日本車輛製12.6t凸型電気機関車20形2両、無蓋車を新製。
翌1932(昭和7)年には星川駅(現・星川駅より阿下喜方200mほどの場所にあった)から分岐の砂利線(非電化)も開業させ員弁川河原と西桑名の積出し線をレールで直結しました。

コンクリート原料の砂利は建設材料として工業、軍需で需要が大きく、1939(昭和14)年には西桑名の砂利積替え施設を増強、無蓋車を10両新製しています。
そんな北勢電鉄も戦時合併のため1944(昭和19)年2月11日に三重交通へ統合されてしまいますが、北勢砂利興業を設立して砂利採取部門は独立させました。

戦争が終わっても復興期やそれに続く高度経済成長期も建設需要から活況を呈していましたが、そんな1959(昭和34)年9月に伊勢湾台風に襲われ員弁川の砂利採取設備が被災。
復旧時に鉄道輸送には見切りを付けトラック輸送に切替え、砂利側線も廃止されました。

DSC_0475.jpg
北勢線の積出線が木橋で国鉄側専用線の両脇に延びて、高架上の北勢線ダンプ無蓋車から国鉄の無蓋車に砂利を落としていたそうです。
かつて各地にあった砂利採取軌道から国鉄・私鉄線への積替え場では一般的な風景だったのでしょうが、普通砂利採取軌道は土工用の小型ガソリン・ディーゼル機関車がナベトロを牽く程度のごく簡易な軌道です。
北勢線はナローとは言え立派な電化地方鉄道で、ナローとしては大型の凸型電気機関車が木橋に乗り入れてくる風景は異様だったことでしょう。

DSC_0477.jpg
北勢線は関西本線、近鉄を乗り越すため徐々に高度を上げていきますが、その上り坂の途中に引上線への分岐があったようです。
ちょっとしたスイッチバックですね。本線右側に木橋に続いていた橋台の陰が・・・。

DSC_0480.jpg
橋台の拡大、もう一つ右後方にも積み出し線の橋台があります。2,3番積出し線とのことですが、どちらが2番か3番かは不明。
1番積出し線がありませんが、1番は現・西桑名駅付近にあった北勢砂利以外の貨物積替え線のことかと思われます。

DSC_0484.jpg
関西本線、近鉄名古屋線乗り越し築堤の一段低い場所に路盤跡らしき石積みが見られます。
恐らく引上げ線の跡で、ここが末端だったのでしょう。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 17:34:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する