FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
久々の「ばたでん」 ~その2~
DSC_1156.jpg
松江へ行くため川跡で再度乗り換え。
松江温泉、出雲市、出雲大社前からのどの電車も一杯だったので構内踏切はかなりごった返してました。
何となく名鉄八百津線現役時代の明智駅を思い出してしまいました。

DSC_1164.jpg
スイッチバックの一畑口で途中下車。
旧自動扉車色(手動扉車はデハニ50形の赤に白帯)の2102Fがやって来ました。
実際の自動扉色よりは若干黄味が強いようですが、これはこれでいい雰囲気。
そもそも京王5000系はいろいろ塗り替えられてますが不思議とどれも似合う気が・・・。
富士急の旧塗装にしても板についてましたね。

DSC_1172.jpg
撮影後は一畑口駅自体の撮影~。
不思議なことに駅前にも鉄製架線柱が建っています。
駅前にまで側線が入っていたとは考えにくいですしただの電柱なのでしょうか?

DSC_1195.jpg
木造上屋。茜色に染まった具合がまた良いですなあ~。

DSC_1177.jpg
一畑口駅構内線路の末端部。
一畑薬師すぐ下の一畑駅まで延びていた線路跡は直線道路に。

DSC_1175.jpg
構内を振り返るとこんな感じ。
貨物列車の機回しなんかがあると面白そうですが、貨物は出雲市から温州平田までが主で松江温泉側には電機が入ってなかったようです。
一畑は電気機関車と縁が薄いのか一時的にデキ1(三河→名鉄デキ306)やED221(→弘南鉄道大鰐線)がそれぞれ短期間いたのみ。両車とも機関車としては長命で転属先で現役ですが。

DSC_1201.jpg
今日の撮影を終えて松江温泉へ。
さっき川跡で写した3005Fが折り返してきました。
元南海21001系で大井川に行った仲間と違いこちらはシートがロングシートでした。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

撮影行 | 23:40:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する