■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
米子近辺うろうろ~その3~
法勝寺鉄道の続きです。
DSC_1121.jpg
路盤が完璧に消えた田園地帯を抜けると手間駅跡。
西伯郡南部町の中心地に近い場所で、中間駅としては最大の駅だったようです。
最後までこの駅で列車交換も行われていました。

DSC_1123_20130916205553921.jpg
法勝寺までの本線はほぼ道路化と耕地化で面影が線形くらいなものですが、戦時中に廃止された母里支線にはかなりの遺跡が残ってます。
阿賀駅跡から島根県との境の峠に向かう途中
道路端に怪しげな石積みが見られます。

DSC_1124.jpg
草木に埋もれてはいますがパラペットもあり橋台だったことがわかります。
ということは電車は今の県道よりも若干高い場所を走っていたのでしょうかね。

DSC_1126.jpg
橋台脇の未舗装道路(というより廃道?)を150mくらい進むと県境を越えていた旧二重隧道が残ります。
かつては軽トラくらいは通っていたようですがまだ貫通してるのでしょうか?
伯耆大山入換昼の部撮影のこともあるのであまり深入りせずに帰って来てしまいました。

さて法勝寺駅跡近くの西伯小学校で保存されていた池上電鉄出身のデハ203ですが整備のため現在JR後藤工場に入場中らしいです。
鉄道現役時代も大規模な車両改造などは後藤工場で面倒を見てもらっていたようで、縁のある工場からどんな風になって出てくるか気になるところ。
前回来た時に撮った商店街のハフ50は今回場所を忘れてしまい寄る時間もなくなったのでパスしちゃいました。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

廃線跡(一般鉄道) | 20:00:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ