■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
鐘淵紡績松阪工場専用線(近鉄伊勢線本居神社前駅)
鐘淵紡績松阪工場は1923(大正12)年にできた綿紡績工場でした。
当初は専用線はおろか近鉄伊勢線(開業時は伊勢電気鉄道)の線路もありませんでした。
専用線ができたのは戦後になってから。近鉄伊勢線も戦時中に複線のうち片方の線路が剥がされ単線に、新松阪~大神宮前が廃止され落ち目になっていた頃でした。
鐘淵紡績が工場拡張を行い、その際に松阪市が費用などを負担して建設しています。
専用線分岐点付近には1947(昭和22)年までは松坂北口駅があったようですが専用線が開通したと思われる1951(昭和26)~1952(昭和27)年時点では廃止になっており駅間分岐だったということになります。
この専用線ができたことで減る一方だった伊勢線貨物が一時的に増えましたが、1958(昭和33)年に近鉄名古屋線の改軌が決定、1959(昭和34)年上半期中に廃止されたものと見られます。

作業キロ:0.7km
作業方法:相手方機

matsusaka-map2.gif
1955(昭和30)年頃の松阪市街の路線図。
鐘淵紡績松阪工場専用線は本居神社前駅から阪内川を隔てずいぶんと離れ位置で分岐してます。
本居神社前駅も伊勢線単線化後は棒線1本の小駅となっており貨物取扱駅らしからぬ体裁でした。

DSC_0152.jpg
廃線跡ファンには名高い伊勢電→近鉄伊勢線が通っていた跡の「近鉄道路」この辺に授受線(恐らく複線撤去した跡地を利用した側線)があったものと思われます。
名古屋方面からやってきた貨物列車は閉塞の都合からここに直接止まるわけには行かなかったと思われますが、一旦新松阪まで行ってから戻って来てたのでしょうかね?


<2016.11.30追記>
専用線開設時に信号所を設けていたようです。
それらしい信号場名は停車場一覧には見当たりませんがどうなっていたのか?



DSC_0154_20130824213824577.jpg
新松阪側の本線上から見た分岐跡(?)左が工場、右が名古屋方面、右のシャッターあたりから左へ専用線が横切っていたものと思われます。

DSC_0151.jpg
専用線跡はマンションへ突っ込みカーブして(マンションのエントランスの道が線路跡そのもの?)阪内川堤防上の住宅の下を通っていたようです。
左の木立が線路跡のはず(?)

DSC_0150_20130824213419abd.jpg
マンションを抜けると鐘淵紡績松阪工場跡の公園。
正面のマンションからこちらへ線路が延びていたと見られます。

DSC_0148_20130824213413b22.jpg
専用線末端部には赤レンガの綿糸製品倉庫がギャラリーとなって保存されています。
専用線に関係したと思われる原料倉庫の方は残ってないようで。

DSC_0146.jpg

●スイッチャーについて
近鉄のディーゼル機関車DB102(伊勢線本居神社前駅)でまとめました。

参考文献:近畿日本鉄道100年のあゆみ(近畿日本鉄道)
     松阪市史 史料編(松阪市)
     専用線一覧表(日本国有鉄道貨物局)
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 00:12:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ