■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
東北旅行その1~弥彦線~
東北なのになぜか最初が新潟から始まってます~

夜行バスで新潟まで行って羽越本線方面へ・・・と考えていたら、途中三条・燕に止まるのに気づいて時間つぶしに弥彦線初乗車♪
三条・燕のバス停は北陸道上にあり、燕三条駅へは徒歩10分ほど。
弥彦線は上越新幹線の巨大な駅の下へ一面一線で地味に乗り入れてます。

DSC_0006.jpg
ホームでまず目を引いたのが架線。
奥が東三条方面で、ここまで通常のシンプルカテナリで来ているのがここから路面電車並みの直吊架線になります。
始発電車で東三条へ行き、そのまま折り返しで弥彦まで行きます。
途中燕駅ではかつての新潟交通の跡が気になりましたが特に痕跡なし。

DSC_0022.jpg
弥彦山の麓にある弥彦駅。駅舎は越後鉄道開業時以来の弥彦神社を意識した和風建築で有名ですが今は改修工事中。

DSC_0016.jpg
ホーム側・・・朝日を浴びた濃い緑の中に115系の黄色が映えますね。

DSC_0019_20130723212208.jpg
弥彦駅最寄りの踏切で待っていると発車時刻になっても踏切が鳴りません。
115系がソロリソロリと走り出してもまだ鳴らず。
電車がホーム端まで徐行で近付くとようやく鳴り出すという仕組みでした。
臨海鉄道や軌道線ではよくありますが天下のJR線でそんな踏切があるとはちょいと驚き。

DSC_0027.jpg
今行った電車は吉田折り返しなので30分ほどで戻ってきます。
今度はもう少し吉田側で撮影。
そこで挨拶したお散歩中の地元のおじさんによると「桜の時期はここでよくカメラ構えている人を見るよ」とのこと。

駅まで小走りでいって折り返し吉田行に乗車。
冷房が効いてなかったので窓全開・・・こんなのも久し振りです。
田園地帯を快走するので冷房より余程爽快感がありました。

DSC_0035.jpg

吉田駅停車中のクモハ114-501+クハ115-501。
側窓の角が円い初期型タイプも今では至極珍しいですね。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

撮影行 | 21:55:51 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
西宮後さんおつかれさまです
新潟交通の廃線跡ですが、1998年3月に友人と三人で新潟交通全線乗車&撮影、月潟→燕間は廃線跡歩きしました。
燕駅付近は舗装道路になっていたと思いますがうろ覚えです。
上越新幹線と廃線跡の交差部付近にある小中川の廃駅跡がいい雰囲気でした。
クモハ115-500+114-500のトップナンバーつてまだ現役だったんですね(°_°)
2013-07-24 水 14:43:02 | URL | 社長 [編集]
新潟交通と115系と
社長さん、コメントありがとうございます。
燕の廃線跡道路はgoogleマップで見るとよくわかるのですが、弥彦線の車内から見ただけでは周りが建て込んでてイマイチでした。
路線中間辺りは現役時ロケーションも良かったので現状が気になるところです。

新潟交通は小学製の頃に白山前~東関屋だけ乗ったことがあります。
家族旅行だったので燕までの全線乗車提案は即却下~(笑)
白山前で発車待ち中に誰かがホームと電車の間に帽子を落としたとかで運転士さんが電車を移動させて拾い、また電車を戻したという長閑な思い出があります。

新潟地区の115系は初期番車がまだ結構残っているのか、その後乗った越後、白新線や羽越本線でも窓縁が円いタイプを何度か見かけました。
2013-07-24 水 21:19:55 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ