■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
新村車庫のワ1とワ2
アルピコ交通と名前が変わった松本電鉄。
Webサイトには松本電気鉄道も併記されていますね。
今でも「松電」と言う方がしっくり来ますが・・・。
松本~新島々まで14.4㎞の真ん中辺りにある新村(にいむら)駅。
今回訪ねると駅舎が新しくなってましたが脇には稲妻をあしらった従来の木造駅舎も。
車庫の方に回ると古典的な木造有蓋車の廃車体がまだ残ってました。

DSC_3936.jpg
青ガエルの前に置いてあるワ1とワ2。
こちらはまずワ2。
バッファ穴が残り相当古いものというのはわかりますが・・・

DSC_3944.jpg
辛うじて残るワ2の車体表記。
社紋、社名のほか、今では見られない制動筒(ブレーキシリンダー)なしを示す"+"のマークも。
この表記は貨鉄博で見たくらいでしょうか?

DSC_3940.jpg
こちらはワ1。
台枠には日本車輌の銘板が付いていますが塗り重ねや錆で不鮮明。
製造年が大正時代なのは分かりますが何年までかは不明です。
因みに上高地線の開業は1921(大正10)年。

DSC_3947.jpg
端面には後尾円盤や標識灯を掛けるフックもあります。
貨車ダルマは数あれどこれだけ年代物の木製貨車となるとかなり貴重ですね。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

撮影行 | 22:06:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ