■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
大山観光電鉄 その2
前回に引き続き大山観光電鉄です。

DSC_1027.jpg
まずは阿夫利神社駅を発車し下っていく「OYAMA」。

DSC_1023_20100428225128.jpg
阿夫利神社駅のそばには阿夫利神社の下社があります。
因みに本社はというと標高1252mの山頂にあります。
DSC_1031.jpg
阿夫利神社下社へは阿夫利神社駅から少し登らねばならず物資輸送のための簡易モノレールがあったりします。
エンジン(一応これも機関車と言えるかな?)がトロッコを引っ張るという形式です。

DSC_1032.jpg
下社の鳥居前から見下ろすと凄い勾配です。

因みに簡易モノレールはこれだけではありません。
大山寺~阿夫利神社下社間の路線もあります。
こちらはかつて索道だったのを置き換えたようで横には索道の支柱も残っています。
大山寺の阿夫利林道終点で荷物を車から積み替えて運ぶようです。

DSC_1089_20100428230700.jpg
大山寺から見上げるとこんな感じで右に索道の廃線跡、左にモノレールの線路が続いていました。

DSC_1039.jpg
下社側の終点はこんな感じ。元々索道の終点だった盤台に乗り入れてます。

DSC_1036.jpg
こちらの「機関車」は黄色。

DSC_1044.jpg
さらに下社から上を目指す上部軌道?もありました。
線路が2本見えますがこの先どこまで行っているのか謎。
登山道で結構上まで行った時に線路が見えていたので相当高くまで続いていると思われます。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

撮影行 | 23:12:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ