FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
福井鉄道ホサ1、2~その2~
P1080192.jpg
昨年のホサ1修復時のこと。
貨物鉄道博物館搬入後何度か修復、塗装が行われてきたホサ1ですが車輪はこれまで手付かずでした。
で、今回は車輪も黒を入れてみようということでけれん作業を始めたらドロ錆でえらいこっちゃ(笑)
それでも落としていると数字やアルファベットの社名らしき刻印が彫られているのが見えてきました。

P1070974.jpg
プレート車輪には楕円形の窪みが2か所見えますがこのような形で発見されました。

富田側から順に見て行くと
・第1軸
P1060742.jpg
HB HV GERMANY
Hörder Bergwerks und Hütten Verein(ヘルダー鉱山鉄鋼社)と英語でジャーマニー。
ドイツのドルトムント ヘルデにあった老舗鉄鋼メーカー。残念ながら2001(平成13)年に閉鎖されてしまったとのこと。

2020(令和2)年4月16日修正
社長さんよりコメントいただき青字箇所「ヘルダー鉱業所&フッテン社」を「ヘルダー鉱業所&フッテン社」に修正

P1060740.jpg
1912
1912(明治45、大正元)年製造ということでしょうね。製造年がわかったものはこれが最古。

・第2軸
P1060767.jpg
RSW14
これだけでは何だかわからなかったのですがお客様より「ライン製鋼所ではないか?」というアドバイスをいただきました。
ありがとうございます(_ _)
ドイツ語だとRhein Stahlwerkかな?と調べているのですが言語の壁とそれ以上にドイツの製鉄業に関して土地勘が乏しいため該当しそうな会社を見つけられていません。
2020(令和2)年4月6日追記
サハ75100様よりRheinische Stahlwerkeではないかというご意見を頂きました。
同社製のレールが日本にも輸出されており同じ”RSW”の刻印が見られるようです。
2020(令和2)年4月16日追記
社長さんよりドイツ語の語法から正確にはDie Rheinische Stahlwerke AGとのこと。
Rheinstahlとも表記されるようです。

・第3軸
P1060750.jpg
BOCHUMER VEREIN D.R.P
ボーフマー社とD.R.PはDeutsches Reichspatent(ドイツ帝国特許)の略称。
ボーフマー社はドルトムントの西隣ボーフムの鉄道車輪メーカー。
こちらは現在も盛業中です。

P1060765.jpg
1913
1913(大正2)年製造。
この車輪が作られた翌1914(大正3)年6月28日サラエボでオーストリア・ハンガリー帝国の皇太子フランツ・フェルデナント夫妻がセルビア人青年に暗殺されたことをきっかけにオーストリアと同じドイツ民族国家のドイツ帝国が一緒になってセルビア王国と開戦。
ヨーロッパ全体を巻き込んだ第1次世界大戦が起き泥沼の戦争を味わった末に革命で帝国は崩壊、皇帝ヴィルヘルム2世はオランダへ逃亡しています(貨車に全財産詰め込んで逃げおおせたそうな- -;)。
少なくとも第1、3軸目はドイツ帝政時代最末期の輸出品と言ってよさそうです。

第4軸はスポーク車輪で国産の住友の井桁マークが出てきました。
どうもホサ1本来の車輪はこの第4軸のみで他は国鉄から福井鉄道に払い下げられたときか福井鉄道で交換されたものと見られます。
これらのドイツ製車輪は元々他の車両が履いていたもののお古と思われますがどんな車両から回ってきたのでしょうね。
車輪がドイツ製と言っても車体は国産で輸入した車輪を使用したものと思われます。
福井鉄道は前身の武岡軽便鉄道が1914(大正3)年1月29日に後の南越線に当たる新武生(後の社武生)~五分市を開業させていますがこの時は762mm軌間なのでこの車輪を使っていたことは無いはず。
やはり国鉄由来でしょうかね。

情報提供:Eisenbahnmuseum Bochum(ボーフム鉄道博物館)

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

保存車 | 22:36:10 | Trackback(0) | Comments(5)