FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
中央倉庫梅小路営業所専用線(東海道本線梅小路(貨)駅)
京都市場と七条通を挟んで南側にあった専用線。
中央倉庫は1927(昭和2)年10月に設立された京都中央市場倉庫が前身、同年12月の京都中央卸売市場開設に伴い市場構内で営業を開始しています。
1940(昭和15)年1月に七条通南側に本店、梅小路営業所を設けており専用線もこの頃に敷かれたものと思われます。
専用線一覧表1983(昭和58)年版にも載っていますが子供の頃ここで貨車を見た覚えがないです。
倉庫に囲まれて見えなかっただけかも知れませんが。

作業キロ:0.4km
総延長キロ:0.8km
作業方法:国鉄機

P1120451.jpg
梅小路駅(現・京都貨物駅)から梅小路短絡線に沿って延びていた専用線。
左奥が貨物駅構内で右手前方向に延びていたはず。現在は梅小路公園の駐車場になっています。
この短絡線が高架化された後も専用線は運行していたはずですがどこで高架をくぐっていたんでしょうね?

P1120450.jpg
振り返ると駐車場の一段上にかつての鉄道門の門柱らしいものが残されています。

P1120320.jpg
手前の倉庫が無くなったため梅小路短絡線跡の歩道橋から専用線跡が一望できるようになっていました。
左の細くて高い倉庫と右の倉庫群の間にカーブしながら分け入っていました。

P1120323.jpg
構内には専用線のレールが敷かれたまま残っていたらしいのですが今もあるのかな?

P1120324.jpg
専用線は七条通に突き当たって終点。
通りを挟んで京都中央卸売市場と向かい合っていますが向かいの市場には山陰本線丹波口駅(高架化後は京都市場駅として分離)側から専用線が入っていました。

参考:
株式会社中央倉庫Webページ

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:02:05 | Trackback(0) | Comments(0)