FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
日本土地山林専用線(播但線新井駅)
播但線新井駅は一円電車で有名な三菱金属鉱業→三菱金属→明延工業明延鉱山から錫鉱石運搬の新神軌道が1957(昭和32)年まで、進藤林業の森林軌道が1969(昭和44)年頃まで乗り入れ木材、鉱石を播但線へ継走していました。
新井駅構内の専用線は日本土地山林と後に一時期関西電力専用線があったそうですが後者はデータがなくてよくわかっていません。

日本土地山林専用線
作業方法:手押
総延長キロ:0.1km
作業キロ:0.1km

P1110758.jpg
作業方法が手押となっていますが新井駅構内用の国鉄貨車移動機が専用線に入っている写真を見たことがあり実際には末期は動力化されていたようです。
貨車移動機については↓の前回記事をご参照下さい。
新井の8t貨車移動機

P1110775.jpg
新井駅の駅舎。
JR西日本の駅員配置はありませんが簡易委託駅で日中は委託の人が常駐。

P1110716.jpg
跨線橋から姫路方を見た様子。
右のホームの先、新しいPC枕木が置かれているところに1線分スペースがありますがここが専用線と積み込みホームの跡。
左にも待避線、側線の跡が広がっています。

P1110728.jpg
貨物ホーム上の日本土地山林の上屋や積み込み用のクレーンがあった跡は駐車場になっています。
ここに森林軌道も乗り入れていたものと思われますがどんな配線になっていたのか現状からは想像が付きません。
機関車表によると森林軌道では新神軌道より譲り受けた酒井工作所性4t機(恐らくGL・・・代燃併用か?)を500mmから610mmに改軌して使っていたようですが写真などは全く見たことがありません。

P1110730.jpg
播但線に平行して新神軌道(500mm軌間)、進藤林業森林軌道(610mm)の3線軌道が通っていたという跡は道路に取り込まれている様子。

P1110732.jpg
播但線沿いに姫路方へ5分ほど歩いたところにある日本土地山林(日林)の製材所。
前の道には森林軌道と新神軌道の3線軌道が通り製材所へは森林軌道が引き込まれていたものと思われます。
専用線企業の日本土地山林と森林軌道のあった進藤林業のつながりがよくわかりませんが、進藤林業と日本土地山林が合併して後者が存続会社となったのか?
専用線名義は専用線一覧1951(昭和26)年版で既に日本土地山林になっています。

参考文献:
機関車表 フル・コンプリート版(沖田 祐作・著/ネコ・パブリッシング)

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:38:14 | Trackback(0) | Comments(0)