FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
新井の8t貨車移動機
播但線新井駅で下車したのは円山川の支流多々良木川を上ったところにあるこれを見るため。

P1110758.jpg
多々良木川に架かる冷田橋の傍の公園に置かれている協三工業1956(昭和31)年12月製の8t貨車移動機。
貨車移動機としての形式はE5形。機械番号は残っていないものの06-28-01-509だったそうです。

車内に残された銘板によると
形式(メーカー形式):D8-1067
呼び重量:8t
製番:80204
定格引張力:1500kg
定格速度:7.8km/h

片町線(学研都市線)放出用品庫?→福知山線篠山口→播但線新井と転属してきたもののようです。
新井駅ではかつて酒井工作所製のC7形機械番号06-28-01-508がいたそうですが昭和40~50年代に協三8t機2台06-28-01-509、06-28-01-519に交代した様子。
関西電力多々良木ダム、黒川ダムの建設資材輸送の貨車入換のため機関車を5tから8tに大型化したのでしょうか。

P1110759.jpg
ロッド式ですがこの頃の8t貨車移動機で多かったジャック軸はありません。
10t半キャブの保存は数あれど8t機はかなり貴重です。

P1110763.jpg P1110762.jpg 
エンジン側は4枚窓、非エンジン側は3枚窓となっているのは5t機のC5,C6などと同様。
厳つい5t機からスマート(?)な半キャブ10t機との過渡期を感じさせるデザインです。

スポンサーサイト



テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 23:45:06 | Trackback(0) | Comments(0)