FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
大又索道、大又森林鉄道~その5~
大又索道、大又森林鉄道最終回。

備後川線と池ノ宿線の正確な境界はよくわからない・・・というより明確な区分があったのかも不明ですが今回は池ノ宿谷にはいる辺りまでの区間。

P1110957.jpg
備後川支流のの名称不明の谷から池ノ宿谷へ移るトンネルの手前に土場があって車道が尽きています。

P1110948.jpg
ちょっと前まで車でも通れたという池ノ宿洞門。
現在はキャタピラの付いた乗り物でないと入れなさそう。

P1110950.jpg
入口には森林軌道のことまで書かれた表示板が付いています。全長285mと大又森林鉄道最長の隧道です。
道路用に改修した際拡幅されているのですが全面的に同一断面に改修せず途中で断面が変わる奇妙なことになっています。
改修工事の予算が不足したのでしょうか??

P1110952.jpg
道内は一部水が溜まってますが長靴でなくてもまだ何とかなるレベル。
天井に小さなコウモリがパラパラと分かれて冬眠中。集まった方が暖かくないのかな??
路面に目を移すと何かカエルのようなものが跳ねています。
いくら暖冬とは言え12月だぞ!?Σ(゚д゚;) と思ったらカマドウマでした。
とは言えカマドウマも冬は普通いませんよね(^ ^;)
トンネル内は温度が一定だからなのか今年の冬が暖かすぎるためなのか??

P1110953.jpg
トンネルの池ノ宿谷側は廃道になっていますがそれほど荒れているわけではなさそう。
とは言えまだ池ノ宿終点まではだいぶ距離があるので今回はここまで。

P1110959.jpg
池ノ宿洞門を土場まで戻って来ました。
木材の積込み、はい積み作業用のパワーショベルが置かれています。
余り間近で見られるチャンスもないので観察~。
アームの先端には木材を掴むためのグラップルが取り付けられています。
因みにこのグラップルのメーカーはイワフジ工業・・・元は特殊軽量機関車やモーターカーをつくっていた岩手富士産業です。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(大阪営林局) | 23:21:56 | Trackback(0) | Comments(0)