FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
小坂森林鉄道鹿山線~その6(上田俣~下呂俣官行事業所跡)~
上田俣の事業所へ作業軌道が分岐していた上田俣。

P1110274.jpg
上田俣橋梁と下呂俣へ続く軌道跡。
鹿山線時代の橋台などの遺構は残っていません。

P1110275.jpg
直進が上田俣作業軌道跡と見られます。
この作業軌道は戦後森林鉄道2級線の上田俣線とする計画でしたが鹿山線自体に編入されている可能性あり。
この先事業中らしくすぐにゲート。
地形的に大して遺構は残って無さそうですが次の課題かな?

P1110284.jpg
上田俣から再び鹿山筋本流へ戻って来ました。
何やら裏返った標識があります。

P1110285.jpg
警笛鳴らせの標識でした。
軌道時代の警笛吹鳴標もほぼ同デザイン(文字は「警笛」の2文字だけ)ですが軌道時代からの標識ではないでしょう。

P1110289.jpg
下呂俣手前付近は再び川との高低差が大きくなった断崖絶壁区間。

P1110314.jpg
第十一号橋梁を渡ると間もなく1935(昭和10)年度の建設当初の終点下呂俣官行事業所です。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 22:18:55 | Trackback(0) | Comments(0)