FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
小坂森林鉄道鹿山線~その5(滝ヶ平~上田俣)~
昨年辿った小坂森林鉄道鹿山線正子鉄橋~滝ヶ平(たきがなる)の奥の区間へ行ってきました。

正子鉄橋~滝ヶ平探索はこちら↓
小坂森林鉄道鹿山線~その1(正子鉄橋~鹿山)~
小坂森林鉄道鹿山線~その2(鹿山~小ヶ倉谷)~
小坂森林鉄道鹿山線~その3(小ヶ倉~滝ヶ平)~
小坂森林鉄道鹿山線~その4(滝ヶ平)~

P1110241.jpg
遅れ気味の紅葉がようやく色付いてきた鹿山谷。

P1110243.jpg
昨年通行止め看板があった滝ヶ平谷を第九号橋梁で渡った下呂俣寄り鹿山線起点5,100m付近は伐採が行われ景色が一変していました。

P1110248.jpg
鹿山線が滝ヶ平の谷から鹿山筋へ復帰するところには切通し。
元々道路林道の大洞林道として建設されたところに鹿山線の線路が敷かれ現在は線路が撤去され道路林道へ戻っているという経緯からすると廃線後拡幅されてるのかどうかがよくわかりません。

P1110250.jpg
谷側に鹿山線時代の石積み橋台の一部がはみ出しているのが見えます。
位置からすると橋梁ではなく開渠の跡のようです。

P1110270.jpg
鹿山筋から上田俣に入ると南向き斜面になるのでより紅葉が鮮やかに。
鹿山線は上田俣を奥まで遡ります。

P1110272.jpg
石積み擁壁が山側へ曲がり路盤が拡がっています。
かつての上田俣複線跡でしょうか。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 00:05:41 | Trackback(0) | Comments(0)