FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
長良川鉄道関駅の専用線~その1~
長良川鉄道越美南線の関駅。国鉄時代は旧国名が頭に付いて付いて美濃関駅でした。
専用線一覧表によると1951(昭和26)、1953(昭和28)、1957(昭和32)、1964(昭和39)、1967(昭和42)、1970(昭和45)年版で専用線があったことがわかります。
使用者は2者存在するものの作業キロが一緒なので同じ側線を使い回していたような感じ。

①中濃製粉専用線
作業方法:手押
作業キロ:0.2km
1951(昭和26)、1953(昭和28)年版で確認
会社名などから調べて見たものの詳細不明(- -)

②関市専用線
作業方法:手押
作業キロ:0.2km
総延長キロ:0.1km
1957(昭和32)~1970(昭和45)年版で確認
1957~1970年版でずっと使用休止という異様な存在。
1957(昭和32)年版では第3者使用関西電力とある。
岐阜県で関西電力と言うと木曽川に複数のダム、水力発電所を持っていますが関市がある長良川は中部電力のイメージ。
しかし木曽川や九頭竜川、庄川で発電された電力を関西へ中継する関開閉所が関市内に存在しています。

P1100396.jpg
長良川鉄道関駅から北西約4km、東海環状道関広見IC前にある関開閉所
中部電力、関西電力、電源開発の発電所で発電された電力の送電をコントロールする開閉所。
木曽川の丸山水力発電所(関西電力)、九頭竜川の長野発電所(電源開発)、庄川の御母衣発電所(電源開発)などからの電力が集まっています。
こういう施設と鉄道貨物のつながりを考えるとまず出て来るのが大物車による変圧器輸送ですが開閉所では変圧器は使わない模様。
送電線や開閉所機器の資材輸送に使われたのでしょうか?

minoseki-map.jpg
国土地理院の空中写真1975(昭和50)年9月10日撮影より
既に越美南線の貨物営業は前年の1974(昭和49)年に廃止されていますがまだ貨物側線や貨物ホームは残っています。
美濃関駅の表側・・・現在車両基地がある場所には一般貨物用と見られる貨物ホーム、旅客ホームの北濃寄りには今は無い跨線橋も写っています。
駅裏手には側線や専用線があったと思しき跡や倉庫群、さらにその西側の通りには懐かしの名鉄美濃町線の併用軌道が健在です。

P1110085.jpg
長良川鉄道関駅。
駅舎は国鉄越美南線時代からの木造駅舎ですが外板はリフォーム済み。

P1110087.jpg
駅舎に向かって左、貨物ホームや上屋があった場所は長良川鉄道本社や車両基地に変わっています。

P1110081.jpg
2番線から見た駅舎。
こちらの方が木造らしい雰囲気がよく残っています。
向かいの1番ホームには腕木式信号機を操作するワイヤーが駅舎から出ていた穴も残存。
相対式のホームの行き来は国鉄時代には跨線橋が設けられていたようですが現在は構内踏切で行っています。
跨線橋を撤去して踏切に変わるのは珍しいパターンですが、国鉄末期には2番線もレールが撤去され棒線化されていたらしく、その際不要となった跨線橋も撤去されたものと思われます。
第3セクター長良川鉄道転換時に交換設備が復活したものの跨線橋までは再設置できなかったということでしょうか。

P1110074.jpg
1番線から発車する上り美濃太田行のチャギントン仕様ナガラ501。
右隣が貨物扱い跡の車両基地。

P1110064.jpg
貨物扱いの遺跡はきれいさっぱり無くなっている様子。
ナガラ502とナガラ304が留置されています。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:07:37 | Trackback(0) | Comments(0)