FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
公民館まつり2019 No.132復刻塗装お披露目
毎年恒例の王滝村公民館まつりにお邪魔~。
りんてつ倶楽部さんでまたお世話になってきました。
11月2日(土)は乗車体験無しで撮影派向けに徹しました。

P1100873.jpg
午前の準備中に小坂でNo.118に装着した安全旗を塗装完了したNo.132にも装着しましたが無風(- -)

P1100882.jpg
塗装作業にちょいちょいお邪魔したNo.132。完成後庫外で見るのは初。
以前のエメラルドグリーンは静態保存中に塗り直した色で、今回はより現役末期の鯎川線で活躍していた頃のイメージに近い色合いに塗装変更しています。

P1100876.jpg
朝はよく見えてた御嶽山は昼頃には雲に隠れてしまいましたが良いお天気の元爽やかな秋の雰囲気。

P1100891.jpg
No.132はB型客車王営No.12と編成を組みます。
今まで何度も写しているなじみ深い機関車ですが来歴に触れてなかったので以下説明

製造:酒井工作所
購入年:1960(昭和35)年
製番:6330
自 重:5t
局形式:DB5

長野営林局が1960(昭和35)年度に購入した5台のDL(5t機3台No.129、No.131、No.132、10t機2台No.128、No.130)の末っ子。
1957(昭和32)年度に購入されたNo.118No.119と外観はよく似ているもののエンジンをいすゞDA110から新三菱KE-21に変更、トルコン付きからマニュアル変速に変わっています。1
なお同年度購入、同型エンジンを積んだ機関車でも何がしかの仕様は異なっているそうな。
No.132は当初上松営林署に配属、小川森林鉄道の支線区で使われ、1966(昭和41)年度に小川森林鉄道が廃止になると王滝営林署へ転属。
現役末期は鯎川線の助六谷~坊主岩~大鹿で運材、人員輸送列車牽引に活躍し1978(昭和53)年に廃車されています。

P1100909.jpg
お邪魔転轍手だったので車庫前から動けませんが合間にこのようなアングルで撮影~。

本日11月3日(日)も王滝村松原スポーツ公園では10:00~12:00に森林鉄道運転が行われます。No.142+B型客車で乗車体験が行われますが私は貨物鉄道博物館ワフ21120塗装作業のため不参加~。

cover.jpg
貨鉄博では小坂森林鉄道 上巻 飛騨最大の森の鉄路を販売しますのでこちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 00:01:26 | Trackback(0) | Comments(0)