FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
日本通運専用線(高山本線上麻生駅)~その1~
何を運んでいたのか調査が難しい通運会社名義の専用線。
専用線一覧表では1951(昭和26)、1953(昭和28)年版で確認しており、1957(昭和32)年版ではもうなくなっています。
七宗森林鉄道(1957(昭和32)年度全線撤去)があった七宗御料林→国有林の最寄駅なので木材搬出が最有力候補。
航空写真でも土場に木材が積んであるように見えなくもないです・・・(^ ^;)
あるいは近くの上麻生発電所資材輸送と言うのも考えられますが発電所建設は1926(大正15)年なので建設資材輸送と異なりメンテナンス資材搬入に専用線まで必要かはやや疑問。

作業キロ:0.1km
作業方法:手押

P1110557.jpg
現在の上麻生駅。
駅舎は極小レベルになっています。待合室も密閉構造でなく冬場にこれはちときついのでは(- -)

P1110558.jpg
駅前はかつて駅前旅館や商店だったのだろうなと思われる家屋やその跡地になって閑散としています。
上麻生は飛騨川と神淵(かぶち)川が合流する谷間に開けた町で七宗町の中心地。
美濃加茂市や可児市のある盆地に飛騨川が流れ込む入口に当たります。

P1110547.jpg
跨線橋より岐阜側を見た様子。

P1110548.jpg
同じく跨線橋上より富山側を見た様子。
専用線があったのは左のガーダーが積んである場所と見られます。

P1110533.jpg
駅前広場の富山側にはC12 163を保存した展示館が建っています。

P1110534.jpg
この辺だと越美南線はC10、11で、C12は中央本線各駅の入換や明知線のイメージ。
なお一番違いのC12 164が大井川で動態保存されていましたがそちらは木曽福島区配置が長く主に中央西線各駅の入換機として活躍していました。

P1110535.jpg
C12 163の説明板。
補足すると新製時は広島局配備、その後は小松島や徳島、高松、松山など1967(昭和42)年頃まで四国を中心に活躍していましたが1939(昭和14)年頃に滝川機関区(函館本線)、1941(昭和16)~1942(昭和17)年頃に美濃太田機関区に配備されていたことがあるようです。
その後は北関東、南東北方面に移り平機関区配備、その後の高崎第一機関区時代には無煙化直前の足尾線で活躍。
1970(昭和45)年の足尾線無煙化後は小郡機関区に移り1971(昭和46)年に休車、最後は保存のため名義を稲沢第一機関区に移して3月15日に廃車されています。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:15:31 | Trackback(0) | Comments(0)
動態保存車No.118冬支度
ひめしゃがの湯のNo.118臨時作業を行いました。

P1110566.jpg
他の行事の都合により今回は平日の作業となりました。

P1110564.jpg
冬の放電防止のため運転席下のバッテリーを取り外し~。
来春までエンジンを掛けて自走する姿はお預け、冬季バッテリー取外し期間中に設置箇所の補修や塗装作業を進めます。

P1110570.jpg
バッテリーの下敷の木板を外すと鋳物台枠が現れます。
この台枠上面に溝が見えますがここに外から雨水が侵入して溜まっていました。
背面(右)の妻板と台枠の間は密閉されていないため台枠を伝って雨水が入っていたようです。
ここは春またバッテリーを載せるまでに対策を考えなければなりません。

後は運転室床面などの大掃除~
P1080069.jpg
Before(野辺山から来た当初の状態)

P1110573.jpg
After

12月上旬にまたカバーを外して公開を計画しているので決まり次第発表致します。
なお前述の通りバッテリーが無いので動かすことは出来ません。
次にNo.118のエンジンが動くのは2020(令和2)年3~4月頃となります。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

小坂森林鉄道保存活動情報 | 22:13:48 | Trackback(0) | Comments(0)
長良川鉄道美濃市駅の旧貨物側線と保線車
うだつのある街並みで知られた美濃市街より高台に上ったところにある駅。

P1110106.jpg
長良川鉄道越美南線美濃市駅。
旧名鉄美濃町線美濃駅に近いですがこちらの方がより町外れ側。

P1110107.jpg
駅前左手に上る坂道の先に貨物ホームがあります。

P1110103.jpg
貨物ホームと貨物側線が2本。
現在も保線用に使用されています。
白い北陸重機製モーターカーが置かれています。

P1110096.jpg
軌道モーターカー
北陸重機工業2011(平成23)年5月製18t機
製番:3181-M01
型式:HDMB-18MP

P1110097.jpg
飛騨小坂駅に置いてあったものと同じ型。
以前JR東海名古屋工場に同じような白いモーターカーがいましたがもしかして同一個体?
18という番号が書かれていますが長良川鉄道で18台もモーターカーがいたとは思えません。
自重を番号にしている??

P1110095.jpg
旅客ホームから見た貨物側線と貨物ホーム。
越美通運の車庫もあり貨物扱いが行われていた頃の面影を感じさせます。

minoshi.png
岐阜県統計書(岐阜県)を元に作成した越美南線美濃市駅の貨物取扱量。
1960(昭和35)年度の取扱量だけが妙に多いですね。
その後は横ばいか漸減で越美南線貨物扱い廃止の1974(昭和49)年度まで貨物扱いが行われていました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 00:06:17 | Trackback(0) | Comments(0)
小坂森林鉄道鹿山線~その7(下呂俣官行事業所跡)~
小坂森林鉄道鹿山線の拠点下呂俣官行事業所跡。
官行事業所は後には製品事業所と呼称されますが要するに伐採事業の最前線にあった事務所兼宿舎のこと。
鹿山線起点の大洞より8,644m、高山本線飛騨小坂駅と隣接する大島貯木場から18,824mの奥地です。

P1110363.jpg
かつて事業所前に3本の線路が並んでいた跡。
左には事業所建物基礎の石積みや石段が残存。

geromata_2.jpg
鹿山線現役時代の同一地点。
左の木造石置き屋根の建物は線路が引き込まれていることから機関車庫、中線には富士重工業製のモノコックトロが留置されています。
横では割烹着のまかないさんが窓枠のようなものを干している様子?障子の張り替えをしようとしているのでしょうか??

geromata_3.jpg
鹿山の機関車庫図面。
1935(昭和10)年の鹿山軌道下呂俣開通時に設けられたもので線路が貫通して前後に扉があるのに対し上の写真は庫内で行き止まり式のように見えます。改築された後なのかも知れません。
庫内には点検用のピットも設けられています。

P1110372.jpg
車庫があった辺りを見ると笹でわかりにくいものの長細い窪みがあります。
ピットが埋もれているのかも?

P1110322.jpg
下呂俣事業所の建物跡。中央に玄関前の石段があります。

geromata_1.jpg
かつてはこのような事業所建物が建っていました。
下呂俣より奥にもカエル俣まで作業軌道が延び戦後二級森林鉄道に昇格してますが工事中で立入不可でした。
少し見た限りではここまでの線路は忠実に林道に利用されたのに対し奥地の区間はヘアピンカーブなど林道から大きく外れた部分もある様子。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 23:39:46 | Trackback(0) | Comments(0)
小坂森林鉄道鹿山線~その6(上田俣~下呂俣官行事業所跡)~
上田俣の事業所へ作業軌道が分岐していた上田俣。

P1110274.jpg
上田俣橋梁と下呂俣へ続く軌道跡。
鹿山線時代の橋台などの遺構は残っていません。

P1110275.jpg
直進が上田俣作業軌道跡と見られます。
この作業軌道は戦後森林鉄道2級線の上田俣線とする計画でしたが鹿山線自体に編入されている可能性あり。
この先事業中らしくすぐにゲート。
地形的に大して遺構は残って無さそうですが次の課題かな?

P1110284.jpg
上田俣から再び鹿山筋本流へ戻って来ました。
何やら裏返った標識があります。

P1110285.jpg
警笛鳴らせの標識でした。
軌道時代の警笛吹鳴標もほぼ同デザイン(文字は「警笛」の2文字だけ)ですが軌道時代からの標識ではないでしょう。

P1110289.jpg
下呂俣手前付近は再び川との高低差が大きくなった断崖絶壁区間。

P1110314.jpg
第十一号橋梁を渡ると間もなく1935(昭和10)年度の建設当初の終点下呂俣官行事業所です。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 22:18:55 | Trackback(0) | Comments(0)
小坂森林鉄道鹿山線~その5(滝ヶ平~上田俣)~
昨年辿った小坂森林鉄道鹿山線正子鉄橋~滝ヶ平(たきがなる)の奥の区間へ行ってきました。

正子鉄橋~滝ヶ平探索はこちら↓
小坂森林鉄道鹿山線~その1(正子鉄橋~鹿山)~
小坂森林鉄道鹿山線~その2(鹿山~小ヶ倉谷)~
小坂森林鉄道鹿山線~その3(小ヶ倉~滝ヶ平)~
小坂森林鉄道鹿山線~その4(滝ヶ平)~

P1110241.jpg
遅れ気味の紅葉がようやく色付いてきた鹿山谷。

P1110243.jpg
昨年通行止め看板があった滝ヶ平谷を第九号橋梁で渡った下呂俣寄り鹿山線起点5,100m付近は伐採が行われ景色が一変していました。

P1110248.jpg
鹿山線が滝ヶ平の谷から鹿山筋へ復帰するところには切通し。
元々道路林道の大洞林道として建設されたところに鹿山線の線路が敷かれ現在は線路が撤去され道路林道へ戻っているという経緯からすると廃線後拡幅されてるのかどうかがよくわかりません。

P1110250.jpg
谷側に鹿山線時代の石積み橋台の一部がはみ出しているのが見えます。
位置からすると橋梁ではなく開渠の跡のようです。

P1110270.jpg
鹿山筋から上田俣に入ると南向き斜面になるのでより紅葉が鮮やかに。
鹿山線は上田俣を奥まで遡ります。

P1110272.jpg
石積み擁壁が山側へ曲がり路盤が拡がっています。
かつての上田俣複線跡でしょうか。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 00:05:41 | Trackback(0) | Comments(0)
長良川鉄道関駅の専用線~その3~
長良川鉄道関駅の側線、専用線の北濃側。

P1110057.jpg
以前は留置線として使われていた元の貨物側線跡に新しい自転車置き場を整備中。
画面奥自転車置き場の向こうが名鉄美濃町線関駅の跡です。

P1110056.jpg
その反対側には短縮されながらも留置線として現役の3番線。
次の美濃市行きになるナガラ306がエンジンを掛け2番線への転線待ち。
3番線はホームに面しているものの旅客の乗降は出来ない仕様。

P1110051.jpg
北濃方から3番線を見た様子。

P1110052.jpg
北濃方を見た様子。
左に貨物倉庫やホームがあったようです。

P1110222.jpg
今は岐阜バスの関シティターミナルや駐車場になっています。
停車中のバスは美濃町線代替の岐阜駅前行。
施設は立派なものの電車時代と比べて本数が減ってます(- -)
貨物ホームをこちらに置いたのはこちらの方が道路からアクセスし易いためでしょうか。
関駅前の道は狭いですが
ここから美濃町線の元電車通りに出て国道418号線を通れば中部電力、関西電力の岐阜開閉所まで行けます。
その跡にバスターミナルができるのも必然的と言えそう。

P1110059.jpg
長良川鉄道で荷物貨物関係と言えば今期待したいのはこれ。
ヤマト運輸の宅配物を積む客貨混載のナガラ305。
関~美並苅安で荷物輸送を運んでいます。かつてのキハニのように区分された荷物室があるわけでは無くコンテナを車内の片隅に固定して運ぶもの。
今でも名古屋近辺のJR、近鉄、名鉄などで行っている新聞輸送に近いかも知れません。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:20:34 | Trackback(0) | Comments(0)
長良川鉄道関駅の専用線~その2~
長良川鉄道関駅の貨物扱い跡、美濃太田側。

P1110207.jpg
引上げ線。
貨物ホームがあった時代から使われているのか車庫設置時に復活したのかは不明。
出庫するナガラ304が停車中。

P1110209.jpg
引上げ線から1番線へ転線するナガラ304のサイドビュー。
こうして見るとどこかレッドトレイン50系客車を思い起こさせる側面スタイル。

P1110063.jpg
美濃太田側から分岐した駅西側の貨物側線跡の線路敷には1999(平成11)年4月1日~2005(平成17)年4月1日の6年間名鉄美濃町線が乗り入れてました。
駐輪場になっていますがここだけ何故かレールが残っています。

20030629-1.jpg
美濃町線関駅乗入時代の様子。モ870形が停車中。
長良川鉄道平行区間の新関~美濃市を廃止する代わりに同区間の代替駅を長良川鉄道線上に新設(関市役所前、関下有知、松森)し鉄道連絡の利便を図ったものでしたが短期間で美濃町線そのものが廃止されてしまいました(T T)
2003(平成15)年6月29日撮影

P1110067.jpg
美濃町線利用部分より北濃寄りは長良川鉄道の気動車留置線として使用されていましたが側線が短縮、一部撤去されています。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:48:55 | Trackback(0) | Comments(0)
長良川鉄道関駅の専用線~その1~
長良川鉄道越美南線の関駅。国鉄時代は旧国名が頭に付いて付いて美濃関駅でした。
専用線一覧表によると1951(昭和26)、1953(昭和28)、1957(昭和32)、1964(昭和39)、1967(昭和42)、1970(昭和45)年版で専用線があったことがわかります。
使用者は2者存在するものの作業キロが一緒なので同じ側線を使い回していたような感じ。

①中濃製粉専用線
作業方法:手押
作業キロ:0.2km
1951(昭和26)、1953(昭和28)年版で確認
会社名などから調べて見たものの詳細不明(- -)

②関市専用線
作業方法:手押
作業キロ:0.2km
総延長キロ:0.1km
1957(昭和32)~1970(昭和45)年版で確認
1957~1970年版でずっと使用休止という異様な存在。
1957(昭和32)年版では第3者使用関西電力とある。
岐阜県で関西電力と言うと木曽川に複数のダム、水力発電所を持っていますが関市がある長良川は中部電力のイメージ。
しかし木曽川や九頭竜川、庄川で発電された電力を関西へ中継する関開閉所が関市内に存在しています。

P1100396.jpg
長良川鉄道関駅から北西約4km、東海環状道関広見IC前にある関開閉所
中部電力、関西電力、電源開発の発電所で発電された電力の送電をコントロールする開閉所。
木曽川の丸山水力発電所(関西電力)、九頭竜川の長野発電所(電源開発)、庄川の御母衣発電所(電源開発)などからの電力が集まっています。
こういう施設と鉄道貨物のつながりを考えるとまず出て来るのが大物車による変圧器輸送ですが開閉所では変圧器は使わない模様。
送電線や開閉所機器の資材輸送に使われたのでしょうか?

minoseki-map.jpg
国土地理院の空中写真1975(昭和50)年9月10日撮影より
既に越美南線の貨物営業は前年の1974(昭和49)年に廃止されていますがまだ貨物側線や貨物ホームは残っています。
美濃関駅の表側・・・現在車両基地がある場所には一般貨物用と見られる貨物ホーム、旅客ホームの北濃寄りには今は無い跨線橋も写っています。
駅裏手には側線や専用線があったと思しき跡や倉庫群、さらにその西側の通りには懐かしの名鉄美濃町線の併用軌道が健在です。

P1110085.jpg
長良川鉄道関駅。
駅舎は国鉄越美南線時代からの木造駅舎ですが外板はリフォーム済み。

P1110087.jpg
駅舎に向かって左、貨物ホームや上屋があった場所は長良川鉄道本社や車両基地に変わっています。

P1110081.jpg
2番線から見た駅舎。
こちらの方が木造らしい雰囲気がよく残っています。
向かいの1番ホームには腕木式信号機を操作するワイヤーが駅舎から出ていた穴も残存。
相対式のホームの行き来は国鉄時代には跨線橋が設けられていたようですが現在は構内踏切で行っています。
跨線橋を撤去して踏切に変わるのは珍しいパターンですが、国鉄末期には2番線もレールが撤去され棒線化されていたらしく、その際不要となった跨線橋も撤去されたものと思われます。
第3セクター長良川鉄道転換時に交換設備が復活したものの跨線橋までは再設置できなかったということでしょうか。

P1110074.jpg
1番線から発車する上り美濃太田行のチャギントン仕様ナガラ501。
右隣が貨物扱い跡の車両基地。

P1110064.jpg
貨物扱いの遺跡はきれいさっぱり無くなっている様子。
ナガラ502とナガラ304が留置されています。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:07:37 | Trackback(0) | Comments(0)
公民館まつり2019 モーターカーなど
P1100922.jpg
0番線待機中のNo.142牽引石油タンカー。

P1100949.jpg
モーターカーNo.4と並び。

P1100947.jpg
立山砂防にいた北陸重機製ですが基本的にはモデルは酒井C型でしょうか。

P1100892.jpg
関電モーターカー。

P1100925.jpg
作業服にメットの組み合わせだと現役時代の車庫風景のよう?

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 23:33:28 | Trackback(0) | Comments(0)
公民館まつり2019 No.84空車運材
古くは野尻署阿寺森林鉄道出身の7t機No.84は空車運材牽引を担当。

P1100867.jpg
車庫で一番山側の3番線から王滝川側の0番線へ転線して待機。

P1100915.jpg
岩崎レール製運材1組+日本農林製運材1組の編成を牽き出して出場。
3番線では次発のタンカー列車を牽引する元立山砂防のNo.142が線路が開くのを待っています。

P1100927.jpg
戻って来たところを転轍機前から。

P1100937.jpg
一旦3番線へ引き上げ。

P1100944.jpg
そして0番線へ運材編成押し込み。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 22:38:33 | Trackback(0) | Comments(0)
公民館まつり2019 No.132復刻塗装お披露目
毎年恒例の王滝村公民館まつりにお邪魔~。
りんてつ倶楽部さんでまたお世話になってきました。
11月2日(土)は乗車体験無しで撮影派向けに徹しました。

P1100873.jpg
午前の準備中に小坂でNo.118に装着した安全旗を塗装完了したNo.132にも装着しましたが無風(- -)

P1100882.jpg
塗装作業にちょいちょいお邪魔したNo.132。完成後庫外で見るのは初。
以前のエメラルドグリーンは静態保存中に塗り直した色で、今回はより現役末期の鯎川線で活躍していた頃のイメージに近い色合いに塗装変更しています。

P1100876.jpg
朝はよく見えてた御嶽山は昼頃には雲に隠れてしまいましたが良いお天気の元爽やかな秋の雰囲気。

P1100891.jpg
No.132はB型客車王営No.12と編成を組みます。
今まで何度も写しているなじみ深い機関車ですが来歴に触れてなかったので以下説明

製造:酒井工作所
購入年:1960(昭和35)年
製番:6330
自 重:5t
局形式:DB5

長野営林局が1960(昭和35)年度に購入した5台のDL(5t機3台No.129、No.131、No.132、10t機2台No.128、No.130)の末っ子。
1957(昭和32)年度に購入されたNo.118No.119と外観はよく似ているもののエンジンをいすゞDA110から新三菱KE-21に変更、トルコン付きからマニュアル変速に変わっています。1
なお同年度購入、同型エンジンを積んだ機関車でも何がしかの仕様は異なっているそうな。
No.132は当初上松営林署に配属、小川森林鉄道の支線区で使われ、1966(昭和41)年度に小川森林鉄道が廃止になると王滝営林署へ転属。
現役末期は鯎川線の助六谷~坊主岩~大鹿で運材、人員輸送列車牽引に活躍し1978(昭和53)年に廃車されています。

P1100909.jpg
お邪魔転轍手だったので車庫前から動けませんが合間にこのようなアングルで撮影~。

本日11月3日(日)も王滝村松原スポーツ公園では10:00~12:00に森林鉄道運転が行われます。No.142+B型客車で乗車体験が行われますが私は貨物鉄道博物館ワフ21120塗装作業のため不参加~。

cover.jpg
貨鉄博では小坂森林鉄道 上巻 飛騨最大の森の鉄路を販売しますのでこちらもよろしくお願いします。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 00:01:26 | Trackback(0) | Comments(0)
軽便鉄道模型祭の前に見たもの
軽便鉄道模型祭前日9月28日に商品輸送のため上京中に駿河湾沼津サービスエリアでトイレ休憩~。
出発しようとしたらこんなものが目に飛び込んできました。

P1100401.jpg
ゆりかもめ先頭車を陸送中のトレーラートラック。

P1100400.jpg
7500系第53編成7536号のようです。
編成を組む他の車両たちは見かけませんでしたが夜有明に集合するのでしょうか。

P1100398.jpg
駿河湾、伊豆半島をバックに佇む7536。
三菱重工業三原より遠い旅路の途中だったようです。
土曜日、景色が良いところに特別なものが現れた割に周囲は人気もなく撮影者は自分だけ。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

関東私鉄 | 23:38:47 | Trackback(0) | Comments(0)