FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
西濃鉄道昼飯線昼飯駅の側線、専用線群~その1~
今は亡き西濃鉄道昼飯線昼飯駅の側線。17年前に自分が撮った写真と現状を比較して見ます。
専用線跡と言っても西濃鉄道側線扱いの線路です。
専用線一覧でも1983(昭和58)年版だけ専用線として扱っておりほかの版では出て来ません。

①上田石灰製造専用線
作業方法:社機、移動機
作業キロ:0.2km

②古田石灰工業所専用線
作業方法:社機
作業キロ:0.1km

hirui-map1.png
昼飯駅構内配線図
5番線が①上田石灰製造専用線、本線か3番線のどん詰まりが②古田石灰工業所専用線と思われます。

P1090669.jpg
ワ108の回でも上げた画像ですが再録。昼飯駅舎跡から美濃大久保、美濃赤坂方面を見た様子。

img144-1.jpg
同一地点で駅舎、レールがあった頃に撮影したもの。
左から2番、本、4番、5番が並んでいます。
昼飯線は既に休止中でしたがこの撮影より2年ほど後に美濃赤坂に縁のある勤め先の先輩から「年に1,2回機関車だけで昼飯まで走ってるみたいだよ。試運転なんじゃないかな?」というなかなか気になる話を聞きました。
2002(平成14)年2月25日撮影

img144-3.jpg
昼飯駅舎に掲げられた駅名板。「晝」は昼の旧字体です。
2002(平成14)年2月25日撮影

P1090667.jpg
昼飯駅奥側。ホッパーも線路も撤去されて3番線に面した貨物ホームの石積みだけが残っています。

img144-2.jpg
線路があった頃の昼飯駅奥側。
三岐鉄道ホキ3000などの廃車群が留置されていた時代はここまで来たことが無く撮影していません。
線路は左から5番、4番、本、3番線。
3番線ホーム上にあったホッパーは撤去されていたものの奥の古田石灰工業所のものと思われる積込み施設はまだ残っていました。
左端の5番線には上田石灰工業所の石灰積込みホームが上屋付きで残っていました。
かつてはテム、テラなどの黒い鉄製有蓋車、末期はワム80000へ積み込んでいたそうです。
列車の乗入が実質無くなった後もなぜか長いことワム80000が1台留置されており時折留置場所が微妙に移動していたという怪談じみた話を某専用線御大から聞いたことも。
2002(平成14)年2月25日撮影

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:41:47 | Trackback(0) | Comments(0)