FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
君津製鉄所のトーピードカーと入換信号機
君津製鉄所のトーピードカー。
P1090392.jpg
T35号
台車を見ると軸箱はオリジナルは鋳物ですが後から鉄板に交換したものもある様子。
2軸台車4組+4組の計8組でカマを支持する構造。

P1090391.jpg
鋳物の軸蓋には日本車輛の刻印が入っているものが見られます。
左(カマに近い方)から3軸分の軸蓋3つ、枕バネ2つには溶銑が跳ねたときに付着するのを防止するためかガードの鉄板が付けられています。

P1090393.jpg
T24号
カマには"NIPPON STEEL"と車番"24"の陽刻。
八幡製鉄時代のYAWATAの陽刻がある車両もいたのですが撮影の認められていないところだったので見ただけ。

第4高炉前の信号機や転轍機。
基本的には一般的な鉄道の信号機、転轍機ですが微妙に違っています。
よく見る信号機や転轍機のような白黒でなく灰色で塗装されているのが独特の雰囲気。
P1090403.jpg
入換信号機は灯列式の現示ではなく1灯ずつ点灯する様子。頭にスピーカーを載せています。

P1090401.jpg
右上の左右進行方向への矢印が点灯する信号機は立山砂防軌道のスイッチバックや名鉄舞木工場構内でも見かけますね。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

現役側線・専用線 | 23:05:16 | Trackback(0) | Comments(0)