FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
君津製鉄所の機関車~日立80t機~
日本製鉄君津製鉄所の機関車60t機に引き続き日立80t機。
80t機は銑鉄を運ぶトーピードカーを牽く構内鉄道の花形的存在(?)。
1970年代製造のものは60t機と同じくキャブ付きですが1990年代以降製造の新しいものはキャブ無しのようです。
60tと80tの間に70t機D.7013号(2005(平成17)年日本車輛製)もいるようですが今まで見たことが無いのでどちらの用途で使われているかはわかりません。

P1090346.jpg
今回撮影できたのはD.8005(左)とD.8002(右)の2台。
どちらも日立製作所笠戸工場製でD.8005は1975(昭和50)年、D.8002は1971(昭和46)年製造。
見た目に差異はない・・・と思いきやD.8002の方が白帯の位置が高いですね。

P1090363.jpg
D.8005が湯気(・・・と言って良いのだろうか?^ ^;)の立ったトーピードカー2両を牽き出し。
空車で300t、満載すると600tと説明があったので2両牽引だと1,200tあるのでしょうか?
1200tと言うと石油満載のタキ1000×19両編成分くらいでしょうか。
満載とは限らないので実際の重量はわかりませんが。
これも低速とは言え貫通ブレーキ無しで止めるのだから凄い(・ ・;)

P1090366.jpg
こちらも60t機と同じような構成ですが60t機よりがっしりとした台車を履いているので堂たる印象。
キャブ下にはエアタンクを4丁ぶら下げている様子。
台車の横前後端寄りには砂箱も見えます。重量列車牽き出し時には使いそうですがテレコンで砂撒き操作もできるのでしょうか?

P1090373.jpg
D.8005に続いてD.8002も動き始めました。
トーピードカーと対比。

P1090459.jpg
銑鉄を降ろして第4高炉前に戻ってきたD.8005とトーピードカーT47+T50。

P1090465.jpg
一仕事終えてお休みのようです。
日立80t機を前から見るとキャブ屋根が扁平で専用線の日立スイッチャーとは異なった印象。
むしろ同時期製造の日本車輛製35~50t機辺りに近いような感じがします。
セミセンターキャブかセンターキャブかの違いはありますが。
↓日車35t機の例 八戸通運DD351
DSC_0440.jpg

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 10:47:13 | Trackback(0) | Comments(3)