FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
神戸電鉄粟生線加古川橋梁周辺
この日は伯母の墓参りで兵庫県小野市へ。
お墓は浄土寺の国宝浄土堂のすぐ傍。

P1090267.jpg
1194(建久5)年建築と鎌倉幕府ができたばかりの頃に建てられた浄土堂。
快慶作の巨大な阿弥陀三尊像が納められていますが内部は撮影禁止。
重源上人設計の浄土堂は夕日が差すと溜め池に反射した光で堂内が朱色に輝くように設計されているのですが時間的に昼でなおかつ紀伊半島を台風通過中のためそれは見ることができず~。

鉄分は全くないはずでしたが小野の市街から神戸電鉄粟生線加古川橋梁へ寄り道。
もうすぐ粟生行きの普通が通過することをダイヤで確認してから移動。
ところが加古川上で信号待ち中に時刻表より早く3両編成の電車が通過するのが見えました。
P1090274.jpg
粟生から折り返して来たところを後打ち。臨時のビアトレインでした。
しかもメモリアルトレインの1151F使用。サービス精神旺盛だった伯母がサービスしてくれたのかな?
デ1152+サ1251+デ1151の編成で1977(昭和52)年川崎重工業製。
この塗装はこの編成に塗られていたことはなくもっと前の昭和30年代~昭和40年代前半の塗装。

shintetsu-tc151-1.png shintetsu-tc151.png
実際にこの塗装だったというクハ151
モノクロ写真ではコントラストが無いため一色塗に見えてしまいますがこんな塗装だったんですね。
当時は神戸電鉄オリジナルの電動車が旧・神中鉄道→相模鉄道のガソリンカーや戦前の展望車改造のクハを牽くアヤシゲな電車が活躍していました。
このイラストのクハ151は元神中キハ41→キハ51に改番の1937(昭和12)年日本車両製流線型ガソリンカー。
1943(昭和18)年に同僚のキハ33、34と共に横浜から神戸へ来て川車でクハに改造・・・港町の郊外鉄道という似たような立ち位置の鉄道で活躍します。
台車は気動車用菱枠台車から電車用のイコライザ台車に履き替え1971(昭和46)年まで使われていました。
豊橋鉄道渥美線にも似たようなの(ク2401,2402)がいたなと思ったら同じ神中キハ40→キハ50形でした。

P1090278-2.jpg
加古川橋梁は1952(昭和27)年4月10日に粟生線電鉄小野~粟生延伸時に架設されたものですが橋桁は中古品を掻き集めたのか古いイギリス製の桁が使われています。
ポニートラスは1連が老朽化で架け替えられ公園へ移設されたものの他の2連は健在。
1888(明治21)、1889(明治22)年製で水戸鉄道(現JR水戸線)や東海道本線原野谷川橋梁(袋井~磐田)の橋桁が回り回って加古川に来たようです。
手前のガーダー2連もスティフナーの上下端が曲がってることからイギリス製でしょうね。

P1090288.jpg
元々撮る予定だった定期の普通列車は1103Fデ1103+サ1202+デ1104。1969(昭和44)年川崎車輌製。
同じ1000系ですが2扉や3扉、前パン車もいたりバラエティーに富んでいます。
どことなく小田急2320、2400形などの初期高性能車にも似たスタイルで元小田急沿線民としてもどこか親近感を覚えます。

P1090291.jpg
帰りにちょっと目に付いた加古川橋梁粟生側アプローチ部にある避溢橋。
ものすごい急勾配になっているのが気になりまして~(^ ^)

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

関西私鉄 | 00:02:02 | Trackback(0) | Comments(0)
名古屋港線名古屋港駅の配線一部撤去
名古屋港線(東海道本線貨物支線)名古屋港駅の名古屋資材センターの配線が変わっていました。
P1090137.jpg
右が名古屋港駅で左奥の門の先が名古屋資材センター。
JR東海のレールを貨車(内燃貨車キヤ97ですが)積み発送しています。

DSC_0349_20190726232743b8d.jpg
2016(平成28)年5月14日の名古屋資材センター
以前資材センター内でさらに折り返して左手前の積込線へ入るZ型の配線でしたが、何やら新しい建物をつくるため線路を撤去して以前の授受線を積込み線として使っているようです。

P1090142.jpg
名古屋港線撮影は1年振り。ヒゲ塗装のDE10をここで撮るのは初めてかも?
暫らく運転に間が開いていたのかレールに錆が浮いています。

P1090161.jpg
授受線奥には北陸重機のスイッチャーも変わらずいますが手前にあった側線3本が撤去されコンクリート舗装されています。
こうなって来るとキヤ97が2編成以上はいる時でないとスイッチャーの出番が無くなってそうですがどうなのでしょう。

DSC_0359_20190726232746b65.jpg
貨物ホームに横付けされていた頃の北重機。
現在も貨物ホームは残ってますがレールは撤去されました。
この建物はジェイアール東海物流の倉庫で名古屋駅のJR高島屋の商品などを扱っているそうです。
名古屋駅までレールでつながっているのだから貨物線で商品搬入していたら面白いですが。
2016(平成28)年5月14日撮影

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

現役側線・専用線 | 23:59:01 | Trackback(0) | Comments(2)
名古屋鉄道名古屋本線西枇杷島駅の側線群 番外~旧枇杷島橋駅~
1949(昭和24)年8月1日に西枇杷島が旅客営業を再開する際に入れ替わりで廃止になった駅です。
貨物扱いはないですが現在でも枇杷島分岐点として枇杷島デルタ線の扇の要になっているところなので省くわけにもいきません。

P1080861.jpg
枇杷島分岐点手前、名古屋市側より庄内川橋梁に差し掛かる3500系。
庄内川橋梁の下流側(右側)に1958(昭和33)年に架け替えられる前の先代橋梁の橋台が残っています。

P1080860.jpg
他にも所々橋脚の土台部分の残骸らしきものが見えます。
橋梁架け替え時に庄内川の河川改修が行われておりかつて存在した中州(道路の枇杷島橋から入れる有人島だった)も掘り返されて川底になりました。

P1080858.jpg
渡り切ると名古屋本線(右)と犬山線(左)が分岐。ここを通過する時車内で立っている人はよろめくことが多いよう注意地点。
車内放送でもいつしか通過直前に「列車が左右に揺れるのでご注意ください」と言うようになった場所(^ ^;)

P1080857.jpg
振り返ったところ。
左に行けば間もなく西枇杷島駅。

P1080859.jpg
旧橋時代はその左側に線路と枇杷島橋駅ホームがあったはず。
配線が多少異なり犬山線分岐はより急カーブだった様子。
2両分のホームがあったとのことですが西枇杷島駅以上に拡張が難しいことが廃止になった理由の一つだそうな。
それでも名岐特急停車駅だったというのは驚異。

IMG_1469.jpg
18m級のデボ800形2両編成で止まれたのだろうか・・・。
当時の特急は3両編成もあったのですがまず間違いなくはみ出して止まっていたのでしょうね。
各務原線のパノラマカー6両編成の如く・・・(爆)
写真は豊田市鞍ヶ池公園のモ805+ク2310。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

名鉄 | 22:56:11 | Trackback(0) | Comments(2)
ひめしゃがの湯 保存車両整備作業(2019年7月)
小坂森林鉄道研究会の活動でNo.118のエンジン稼動と運材貨車修繕を行いました。
P1090069.jpg
動かなくなっている運材貨車の軸箱を開けて中身の構造やグリスの状態を確認したりと実際の作業と言うよりは勉強会に近いかも?

P1090019.jpg
今回見たのは4月23日に野辺山SLランドより入線した岩崎レール工業製の製造年、製番不明の方。

P1090018.jpg
モノコック運材貨車の特長の一つであるボールベアリングの軸箱の蓋には岩崎レール工業の菱枠中央にレールをあしらった社紋の陽刻が入っています。

P1090063.jpg
軸蓋を開けて見るとグリスが固まっていたり少なくなっていたり。
砲金自体は綺麗なのでグリスを取り換えてその他摺動部に油を差して行けば動くかな?
ベアリングのボールが収まったケースにはNACHIの刻印。
富山の不二越製です。富山地鉄デキ12021の台車にもNACHIの刻印が入っていましたね。

P1090061.jpg
こちらの軸箱も同じような状態。
この写真は歴代の車体塗膜片がくっきり。
濃緑色、黄色、薄緑の3色が見えます。濃緑色、黄色は木曽森林末期のカラー写真にも見られますが薄緑色は見たことがありませんね。
動態復活の折にはいずれかの色にしたいですね。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

小坂森林鉄道保存活動情報 | 23:33:23 | Trackback(0) | Comments(0)
名古屋鉄道名古屋本線西枇杷島駅の側線群~その5~
西枇杷島の短絡線犬山線側は同線と並行した電留線になっています。
2005(平成17)年1月に8800系パノラマDXが引退した後しばらくこの電留線に並べて置かれていた覚えがあります。
P1080838.jpg
電留線にはパノラマスーパー1000・1200系が停車中。
左のスペースが怪しいですがここで貨物を取り扱っていたわけではなさそう?

P1080840.jpg
線路がもう一本横に分かれていたかそのつもりで用地を確保したかのような感じ。

P1080842.jpg
電留線末端。この先はもう犬山線1つ目の駅の下小田井駅が目の前。
枇杷島の青物市場は「下小田井の市」とも呼ばれていました。

P1080844.jpg
新鵜沼側から短絡線側を見た様子。
速度制限標の数字がえらく端数ですね(^ ^;)

P1080845.jpg
留置線の1200系を横目に犬山線下り急行5000系が通過。
左の場内信号機は上が名古屋本線、犬山線が分岐する枇杷島分岐点のもの。
下が短絡線に入るためのものみたいですね。

P1080847.jpg
撮影していると電留線の出発信号機が緑になり1000・1200系が渡り線で編成をくねらし名古屋方面へ出庫して行きました。

nishibiwajima.png
愛知県統計年鑑(愛知県)より作成した西枇杷島駅の貨物取扱量の変遷。
1955(昭和30)年に庄内川対岸の東枇杷島に枇杷島市場が開場した影響か西枇杷島の貨物到着量が前年度比1/4に激減。
発送量も6,500tほど減少していますがこちらは翌年度にはそれ以上に成長、貨物需要は市場頼みではなくなっていたようです。
当時西枇杷島周辺は工場が増えて高度成長期に入ったこともあるのか全般的に見ると貨物量は順調に増えています。
この後貨物扱い廃止になる1966(昭和41)年2月までどのような変遷を辿ったのか気になるところ。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

現役側線・専用線 | 22:36:24 | Trackback(0) | Comments(2)
名古屋鉄道名古屋本線西枇杷島駅の側線群~その4~
軽便鉄道模型祭で販売する本の原稿書きのためしばらく開きましたが更新再開します~。
9/29の軽便祭までまだ不定期に更新期間が開くことがありそうです(_ _;)

枇杷島デルタの短絡線
P1080828_20190703213756d70.jpg
奥が西枇杷島駅旅客ホーム。
短絡線の途中にある4種踏切。
右のスペースがかつての貨物ホームや側線跡。

P1080826_201907032137545f1.jpg
貨物ホーム跡は清掃用具レンタル企業と名鉄グループの名鉄EIエンジニア(旧メイエレック)の営業所などになっています。

P1080829.jpg
西枇杷島構内側線1号踏切。
以前はデルタ線内に民家が一軒あってテレビなどで紹介されていましたがいつのまにか無くなりました。

P1080830.jpg
西枇杷島構内側線1号踏切のデルタ線内側から西枇杷島駅旅客ホーム方面。
踏切はあるもののデルタ内側は草生して家が建っていた場所も分からず。

P1080831.jpg
西枇杷島構内側線1号踏切から犬山線側を見た様子。
変電所横にマルタイが留置されています。

P1080837.jpg
犬山線合流地点。
以前は下砂入信号場という別個の信号場扱いだったのが現在はデルタ線全体が西枇杷島駅構内扱いらしいです。
信号場の表記は「下砂杁」だったり「下砂入」だったり、呼び方も「しもすいり」か「しもずいり」かよくわかりませんがまあ大した問題ではありませんね(^ ^;)
因みに住所は清須市西枇杷島町下砂入(しもずいり)です。

P1080834.jpg
犬山線、短絡線合流地点を1700系先頭の上り特急が通過。
手前側にまだ側線が続いています。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

現役側線・専用線 | 22:11:32 | Trackback(0) | Comments(0)