FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
始発前の電車事業所前入換風景
ササラ電車を待っている間に撮影した札幌市電始発前の入換風景。
P1060049.jpg
250形253号。
1961(昭和36)年泰和車輛製。
製造から57年を経て集電装置が原形のZパンタからシングルアームパンタに換装されていますがまるで違和感がありません。

P1060060.jpg
253号が転線して庫内へ引っ込むと次に来たのは8510形8512号。

P1060061.jpg
8512号は1987(昭和62)年川崎重工製。
国内のVVVF車としてはかなり古い方。

P1060057.jpg
3300形3305号は何と無動力の入庫車を連結して出てきました。
3300形は330形の部品流用車で330形時代は手前の車と同じような丸っこい車体をしていました。

P1060062.jpg
3300形(番号は失念)
札幌市電の電車の大半は行先表示機がLED化されていますが3300形は方向幕で残っています。
緑色の電照幕の光が印象に残りました。

P1060094.jpg
ササラ電車雪2号が入庫して・・・

P1060098.jpg
動き出した市電で宿へ戻ろうとすると出庫してきたのはM100形M101号。
1961(昭和36)年日車製で253号と同年の製造ですが唯一原色を維持した車。
動いているところが見れるどころか乗車できるとは2日連チャンで極寒に耐えたかいがありました(笑)

P1060102.jpg
M101に西4丁目まで乗車。
当初は制御車のTc1形を増結して2両運用を行ったそうですが運用が面倒なためTc1は早々と引退。
そのためか連結して運用されていた頃の記録もあまり見たことがありませんね。

P1060104.jpg
朝ラッシュが本格化する前の西4丁目電停。札幌三越前も多少人通りが増えて来たかなと言う程度で車の交通量はまばら。
タクシーの運転手さんが「今朝は大渋滞だろうな」と予想していた通りこの後自動車は各地で混乱~。
鉄道はいずれも定刻通り動いて予定通り本州へ戻る事ができました。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

路面電車 | 23:18:52 | Trackback(0) | Comments(0)