FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
東濃鉄道駄知線下石駅貨物側線
東濃鉄道駄知線下石駅の貨物側線跡。
駄知線内では難読地名の下石(おろし)。
現在土岐市に含まれますが旧土岐津町の土岐市中心街からは南隣の盆地で、1955(昭和30)年2月1日に昭和の大合併で土岐市が成立する前は下石町でした。
東濃鉄道沿線はどこも美濃焼の産地ですが盆地ごとに得意分野が異なり駄知はどんぶり、下石は徳利の産地でした。
貨物取扱量は発送量より到着量が多目。
到着貨物の内訳は分かりませんが窯元で使う燃料の石炭や木炭が中心でしょうか?

oroshi-map1961.jpg
東濃鉄道駄知線現役時の国土地理院が撮影した下石駅空中写真。
妻木川をかすめるように駄知線が通っており、川と接する個所に下石駅がありました。
旅客ホームは島式で駅舎から改札を通ると構内踏切で貨物側線と下り線を渡って旅客用の島式ホームに上がる構造。
駅舎の東駄知側に貨物倉庫が載った貨物ホームが配置されており、貨物倉庫の前には貨車が留置されているのも見えます。

P1060170.jpg
土岐口から渓谷と言うほどではないものの丘陵の間を流れる妻木川に沿って抜けると下石の盆地。
下石川を渡ると下石駅構内です。鉄橋は橋台まで改修されて鉄道時代の面影は皆無。

P1060181.jpg
旧下石駅構内を土岐市側から見た様子。かつての構内踏切から島式ホームに上がる辺りから撮影。
左の駅舎から順に貨物側線下り線、島式ホーム、上り線が並んでいました。

P1060174.jpg
駅前。貨物倉庫跡には下石郵便局と東濃鉄道バス、タクシーのターミナルがありますが「東鉄ターミナル」の看板が剥ぎ取られています。
右(土岐市方)の駐車場の位置に駅舎がありました。

P1060183.jpg
駅当時の遺物がありませんが駅構内のNTT電話線は今でも駅前幹線を名乗っています。

oroshi_ed1001.jpg
はーさんの鉄道・旅・よしなし草(別館)40年前の鉄道風景管理人様より下石駅停車中の下り貨物列車の貴重な画像をお借りしました。
土岐市行き上り電車が下石駅に入線するときに車内から撮影なさったものと見られます。
牽引機ED1001の前面通風口の蓋が開けられていますが勾配路線の重量物輸送で抵抗器がオーバーヒート気味なのでしょうか?
右には貨物側線と貨物ホーム、その上に建つ木造倉庫の作りまでもが窺えます。
1965(昭和40)年1月16日撮影

P1060176.jpg
上の現役時代画像とほぼ同じ位置から撮影。住宅や郵便局が建ち竹林が育ってバックの山もよく見えなくなりました。
当時と変わっていないのは横の妻木川と駅前広場くらいでしょうか?

P1060172.jpg
下石駅構内を東駄知側から見た様子。
貨物側線は下石公民館の付近まで入っていたようです。

oroshi.png
下石駅の貨物取扱量の変遷。
全般的に到着量が発送量より多いのですが1955(昭和30)年度より廃止まで右肩下がり。
発送量は少ないながら1961(昭和36)年度まで伸びているもののその後は発送量と一緒に下がってます。
最盛期の1955(昭和30)年度で見ると1日平均ワム車換算で3車程度が入っていたようですね。

参考文献:
RM LIBRARY72 東濃鉄道(清水 武/著 ネコ・パブリッシング/刊)
岐阜県統計書(岐阜県総務部統計課)

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 21:50:45 | Trackback(0) | Comments(0)