FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
晩秋の七宗森林鉄道に寄り道
今日は丸瀬布いこいの森雪中運転撮影会のため予約投稿です~。
今シーズンは北海道もなかなか雪が降らないようですがどうなるでしょうか?
10月に58年振りに帰還した10tディーゼル機に会えるのが楽しみ~♪

久し振りに七宗町の七宗森林鉄道跡へちょっと寄り道。
高山本線上麻生駅からも遠い室兼~佐口谷4,852mの短い林鉄です。
ここも元は帝室林野局名古屋支局の御料林ですが管轄は変遷が多くややこしいところ。
1935(昭和10)年に開設された頃は太田出張所、1941(昭和16)年1月1日に太田出張所が廃止されたため下呂出張所へ移管。
林政統一後は元々農林省大阪営林局から引き継がれ帝室林野色が薄い岐阜営林署の管轄になりました。

P1050108.jpg
いつみても大迫力の空のふさがりを通り抜ける廃線跡。
この場所で現役時に撮られた写真が林野庁のサイトで公開されています。
全国の林鉄の写真の下の方に「七宗森林鉄道・岐阜営林署(昭和27年)(JPG:596KB)」と言うキャプションで掲載されています。
林野庁:森林鉄道
機関車は逆機で背面しか見えませんが加藤製作所製の代燃装置搭載機のようです。
帝室林野局では代燃装置を機関車と分けて貨車に搭載して機関車と連結することが多く機関車直付けは少数派でした。
運転席横をどっかりと炉が占領し運転手は蒸気機関車に乗せられるのと同じくらい暑かったのでは・・・(・・;)

P1050109.jpg
当時はこの岩の隙間の流れの上に桟橋を架けて列車を通していましたが今は川を半分埋めて林道を通している様子。
川の水が冷たいためか凍り付くような寒さです。

P1050123.jpg
奥の佐口谷側から見た空のふさがり。その真下に橋脚が残っているのですが・・・。

P1050113.jpg
今回初めて河原に降りて撮影。
左(室兼側)の橋脚には木橋の木材が僅かに残存。

P1050115.jpg
その100mほど佐口谷寄りに林道から分かれて対岸へ渡って行く木橋の跡が見えます。

P1050118.jpg
そしてまた50mほどでまた林道に合流して来る木橋跡。
このすぐ先に国有林の車止めゲートがあり砂小屋の土場が拡がっています。

七宗国有林は一見林鉄を敷くほど貯材量があるように見えないのですが古くからの良質のヒノキやマツの産地として知られていました。
江戸時代には尾張藩領となり名古屋城が火災に遭った時のための備蓄林になっています。
木曽や裏木曽と比べると名古屋から近く緊急時に短期間で木材を届けられるという点が重視されたとか。
その少し前豊臣 秀吉(当時はまだ木下 藤吉郎)が1566(永禄9)年に築き一夜城伝説で知られる墨俣城の木材も七宗から伐り出され飛騨、木曽川経由で墨俣へ送られたという説もあります。
因みに現在墨俣城の横を流れているのは長良川ですが秀吉の時代までは治水技術も低いため木曽川の流路が水害で頻繁に変わっており、当時の木曽川は各務原から現在の境川に近いルートで岐阜市南部を通り墨俣城へ流れていたそうです。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 08:39:01 | Trackback(0) | Comments(0)