FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
定光寺自然休養林の長野営林局No.127北海道帰還~その2~
定光寺自然休養林の機関車No.127搬出作業2回目~
P1040862.jpg
トラックへの積み付け作業。
馬を噛ませた上にNo.127を置きます。

P1040866.jpg
運転手さんの指示の元で木材で組まれた馬の上にNo.127を固定。
微妙な調整のため真剣な眼差しでの作業が続きます。

P1040872.jpg
クレーン車にトラック2台、機関車が密集した凄い状態。

P1040904.jpg
いよいよ積み付けが終わりトラックのアオリ戸が上げられました。

P1040917.jpg
出発まで駐車場で待機。
シートもかけずこのままの状態で行ったので行き掛けの道やフェリーでたまたま見かけた鉄道ファンは驚いたのでは?

P1040925.jpg
先導されて定光寺自然休養林を去って行く10t機。
丸瀬布では現役時代を共にした多くの仲間たちが待っています。

このNo.127ですが丸瀬布では動態復元を行う予定とのこと。
長いこと雨曝しになっていたことから修復には多くの困難が予想されます。
丸瀬布いこいの森のある遠軽町では動態復元事業に要する資金などの面で広く皆様のご協力をお願いしたいとのことです。
こちらとしてもできる限り力になりたいと考えています。
また発表があると思いますが弊ブログでも告知を行うつもりですのでご協力頂ける方よろしくお願い致します!

丸瀬布いこいの森facebook

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(北見、旭川、帯広、札幌営林局) | 22:50:28 | Trackback(0) | Comments(0)
定光寺自然休養林の長野営林局No.127北海道帰還~その1~
愛知県瀬戸市の定光寺自然休養林で保存されていた元長野営林局上松運輸営林署のNo.127が北海道遠軽町の丸瀬布いこいの森へ送られました。
元を正すと北見営林局の機関車で58年振りに故郷の土を踏むことになります。
1956(昭和31)年協三工業製10tディーゼル機(製番10188)で当初は遠軽町の北隣芝桜で有名な滝上町の北見営林局滝上営林署濁川森林鉄道で使われており車番は46、47号のどちらかだったものと見られます。
1960(昭和35)年2月には長野営林局上松運輸営林署に移り王滝森林鉄道廃止まで使われ1975(昭和50)年12月に廃車。
その後国道41号線の宮峠(岐阜県高山市)のドライブインでの保存を経て定光寺自然休養林で保存されてきました。
以前の様子はこちら

今回の丸瀬布移管に小坂森林鉄道研究会としてちょっと関わらせてもらったので搬出作業も撮影させて頂くことができました。
10月23日9:00より1時間半ほどの間に搬出作業が行われました。
P1040763.jpg
紅葉が進んだ定光寺自然休養林の駐車場。
車止めのブロックをどけてクレーン車がNo.127のそばへ~。

P1040787.jpg
幅のある機関車を吊るための治具を取付けて調整が行われます。

P1040788.jpg
森林鉄道の機関車として現存最大級の10t機。作業は慎重を要します。

P1040804.jpg
いよいよ吊り上げ。

P1040823.jpg
作業員さんの合図の元レールから離れ宙を舞う10t機。

P1040843.jpg
関係者の見守る中で高く持ち上げられる10t機。

P1040849.jpg
すかさずその下へお迎えのトラックが誘導されます。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(北見、旭川、帯広、札幌営林局) | 22:14:31 | Trackback(0) | Comments(0)