FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
天竜二俣車庫見学~その3~
扇形庫内の一部は資料館になっていました。
P1030101.jpg
これも警戒標識に当たるのか「空襲警報發令」の標識があります。
二俣線浜名湖橋梁が破壊された場合などのため東海道本線迂回ルートとしてつくられた戦時色の濃い路線ですが実際に迂回列車が運転されたことはそんなにないそうです。
1945(昭和20)年7月24日の浜松空襲時に3本、7月30日に艦砲射撃を受けた時に5本、戦後は1962(昭和37)年に東海道本線で貨物列車が脱線して不通になった時に2本迂回運転されたとのこと。

P1030105_2018082421341459c.jpg
タブレット閉塞機と鉄道電話機、タブレットキャリアも架かってます。
こちらのタブレット閉塞機は赤のよく見る(?)タイプですが・・・

P1030108_20180824213417b83.jpg
こちらは緑に塗られています。
上り下りで赤と緑に塗り分けて取扱い間違いの無い様にしたとか?
電話機は通常のデルビル電話機と同じく本体の木箱中央に送話器が飛び出していますが受話器も黒電話と同じ送話器が付いたタイプ。どっちで話すんでしょうね??(^ ^;)

P1030115_20180824213418b45.jpg
車庫見学から改札前に戻る途中にも貨物列車のタブレット通過授受で使用したものと思われるタブレット授器や受器が展示されています。
駅では斜めになっているさおにタブレットキャリアをセットし列車がタブレットを受け取るとバネの力でさおが立ち上がって収納される仕組みだったようです。

P1030036.jpg
天竜二俣駅は上下列車が交換するだけでなくどちらかが車両を変え入出庫することがあるため3本の列車が並ぶ風景を良く見かけます。




スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

東海私鉄 | 22:18:51 | Trackback(0) | Comments(0)