FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
野辺山SLランドの井笠7とTMC
野辺山SLランドで静態保存されているコッペルとモーターカー。

P1020257.jpg
井笠鉄道のCコッペルと岐阜工事局の富士重TMC200。変わった組み合わせです。

P1020256.jpg
まずは井笠鉄道の7号機。
独オーレンシュタイン ウント コッペル(Orenstein und Koppel)社1925(大正14)年製のCサイドタンク機。
自重12.19tと現在でも残る軽便コッペル機では結構大きめ。

P1020242.jpg
井笠鉄道で1955(昭和30)年10月の廃車まで活躍しました。
今は丸瀬布にいるホハ13、1418、19を牽いて走っていたのでしょうね。

P1020246.jpg
井笠で廃車後も鬮場(くじば)車庫で保管され1961(昭和36)年頃より兵庫県内で保存、保存先は転々と移っていたようで流れ流れて2003(平成15)年に野辺山へたどり着いたようです。

P1020241.jpg
岐阜工事局 土車モ-200。
富士重工業1965(昭和40)年製のTMC200AS。自重は13t。
近江鉄道モ245と同タイプですがこちらは前面3枚窓でキャブ後方に貨物室か客室(?)らしきスペースがあり折り戸が付いてるのが特徴的。
オレンジ色なので鉄道建設公団のモーターカーを連想しますがこちらは国鉄の岐阜工事局のクルマ。
国鉄の工事局は主に鉄道の線路工事を行ってましたが鉄道に関係ない道路、橋梁工事も請け負っておりその実態がよくわかりません。

P1020245.jpg
千葉県の個人所蔵を経ての入線らしいですが岐阜工事局というと東海道本線清州駅の旧敦賀セメント専用線にオレンジ色の保線車を大量に保管してましたがそのうちの1台なのでしょうか?因みに検査標記は「甲検 昭和55年11月」とかなり古いです。
岐阜工事局は後にJR東海建設工事部となっていましたがこの側線も最後まで残っていたバラストスイーパが姿を消しました。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

保存車 | 22:48:42 | Trackback(0) | Comments(0)