FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
温根湯森林鉄道No.18
石北本線留辺蘂駅から層雲峡の石狩川源流部まで50kmを超す線路が延びていた温根湯森林鉄道。
北見営林局内から旭北峠を越え旭川営林局上川営林署管内まで線路が乗り入れていたため箱型ボディ4軸駆動の協三工業製15t機が活躍しました。

●森林鉄道最大最強のディーゼル機関車
1954(昭和29)年1月購入のプロトタイプ機No.18は層雲峡運材を想定して投入されたようです。
雪解け後5月より就役したNo.18は当時のディーゼル機としては故障も少なく運用成績は良好でした。
搭載の日野DL-10形エンジンは最高出力200HPを誇ります。
運材貨車にも蒸機時代から自動空気ブレーキの簡易版である森林鉄道用三菱SA型ブレーキシステムが導入されており、貫通ブレーキを化された運材列車を平坦区間では30両、旭北峠区間では15両牽引していました。

No18-2.png     No18-1.png
温根湯森林鉄道No.18
前面は国鉄101,103系辺りを連想させる切り妻3枚窓スタイル。

●洞爺丸台風と15t機
No.18が就役して5ヶ月が経とうとしていた1954(昭和29)年9月26日、北海道を台風15号が襲います。
函館湾で洞爺丸他の青函連絡船を沈め大勢の犠牲者をだし後に洞爺丸台風として知られるこの台風は北海道の原生林を荒し多くの風倒木を発生させました。
これらの風倒木を輸送するため15t機の量産車No.27、28、38、39の4台が導入されました。
これらの量産車は前面2枚窓、乗務員扉の引き戸化などいくらか外観が異なっています。

一時活況を呈した温根湯林鉄ですが旭川から層雲峡、石北峠を越え留辺蘂へ抜ける大雪国道が開通するとルートがほぼ全線に渡って並行するため存在意義が無くなり1960(昭和35)年度で全線撤去、15t機は内4両が丸瀬布署へと移管されますがこちらも間もなく撤去。
これらの機関車はまだ新しかったものの一部の10t機を除き木曽への転属なもなく解体されてしまったようです。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(北見、旭川、帯広、札幌営林局) | 23:41:19 | Trackback(0) | Comments(0)