FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
高茶屋の貨物ホーム(紀勢本線高茶屋駅)~その1~
紀勢本線で津から2番目の高茶屋駅。
参宮鉄道の駅として1893(明治26)年12月31日開業ともうすぐ125年にもなる歴史ある駅です。
IMG_1764.jpg
駅舎は古いものの開業当時からのものではなさそう。
無人化されており風がきつい日で駅前の駐輪自転車が倒れて何だか荒んだ印象が残ってしまいました。

IMG_1760.jpg
参宮鉄道→参宮線として伊勢への表玄関として栄えた頃の名残かローカル線としては長大なホームや上屋、信号塔の跡など立派な駅設備が見られます。
なおこの前後の区間はかつて複線区間でしたが戦時中に単線化されています。

IMG_1757.jpg
高茶屋駅2番線を通過する快速みえ。
2番線が1線スルーになっており通過列車は上下とも2番線を通るようです。

IMG_1762.jpg
跨線橋上から亀山方を見た様子。
左の1番ホーム下には駅舎の信号扱い所から腕木式信号機へ延びていたワイヤや分岐器へ延びていたロッドが出ていた穴が開いています。
上下方向に3線分の場内信号機、出発信号機、遠方信号機があったのでしょうね。
優等列車や団体列車など通過も多かったので通過信号機もあったことでしょう。

IMG_1761.jpg
駅舎から線路を挟んで反対側に比較的新し目の貨物上屋が残っています。
津駅の貨物扱いをこちらに移して客貨分離を図ろうとしたのでしょうか?
近くには津海軍工廠跡に進出した工場群もあるのでこちらに貨物扱いを集中した方が良いということだったのかも知れません。
高茶屋駅の貨物扱いは1986(昭和61)年度までだったので国鉄分割民営化と同時期に廃止となったようです。

なお高茶屋駅には以下の貨車移動機が配置されていた様子。3台同時期にいたのではなく入れ替わりがあったようです。
標準的な協三10t半キャブとL型20t機でしょうね。
・06-28-01-129 1965(昭和40)年協三工業製10t機
・06-28-01-149 1981(昭和56)年協三工業製10t機
・06-28-01-136 1971(昭和46)年協三工業製20t機


スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:32:53 | Trackback(0) | Comments(0)