FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
進駐軍→航空自衛隊第3航空団小牧基地専用線(名鉄小牧線豊山(貨)駅)~その1~
航空自衛隊小牧基地への専用線を久し振りに見てきましたが特に変わりありませんでした。
この専用線は以前「西宮後停留場」にも載せてたのですがデータが壊れて見えなくなってしまいました(^ ^;)
初めての訪問からかれこれ20年以上経ち、使用停止から半世紀経ってこれだけ施設が残っているのも珍しいですね。

●小牧基地
小牧基地の前身は太平洋戦争中の1942(昭和17)年に建設が始まり1944(昭和19)年2月に使われ始めた陸軍小牧飛行場。
日本の敗戦後占領下の時代には進駐軍が規模を拡張して使用し、1952(昭和27)年には民間の利用も始まりました。
1958(昭和33)年には米軍から返還され航空自衛隊小牧基地となっています。
また2005(平成17)年2月に中部国際空港が開港するまでは名古屋で唯一旅客機が発着する空港でもありました。

●専用線について
専用線は進駐軍が小牧飛行場を拡張使用するために敷かれたものと見られ、1945(昭和20)年10月1日に名鉄大曽根線(現在の名鉄小牧線)牛山信号場分岐で開業。
この線は元々非電化でガソリンカーが使われていましたがガソリン不足と軍需による通勤輸送強化のため1942(昭和17)年7月1日に上飯田~新小牧(後に小牧)が直流600Vで電化。
当時はまだ犬山~小牧が非電化のままで小牧線(後の岩倉支線)を介して電化区間がつながっていました。
貨物は新鵜沼短絡線で国鉄と連絡しており、電化区間でも蒸機、DEDが牽いていたとのこと。

作業キロ:1.3km
作業方法:社機

●専用線の車両
専用線は非電化で1000形蒸機や後には米陸軍8500形電気式ディーゼル機関車(後名鉄に払い下げられDED8500形)が使われました。
専用線は1961(昭和36)年4月20日に直流600Vで電化、1964(昭和39)年10月1日には小牧線と共に1500V昇圧されたものと思われます。
600V時代の機関車はデキ250デキ1000、1500V時代は昇圧工事を受けたデキ252などが使われていたようです。
貨車は航空燃料輸送用のタキ3000が入っていた写真を見たことがあります。

IMG_1395.jpg
牛山(信)→豊山駅跡。
専用線廃止後単線、複線区間が混在していた頃は新たに豊山信号場が置かれていましたが今は平安通~上飯田~小牧が複線化されただの駅間になってます。

IMG_1392.jpg
分岐部分の光景は止めてある車以外20年前から変わっていません。

IMG_1386.jpg
10mほどは生活道路として使われてますがその先はロープが張られて立入禁止(?)になりました。
また以前は架線柱にビームも残っていたのですがいつしか撤去されました。
撤去したのは航空自衛隊なのでしょうか??

IMG_1394.jpg
専用線現役時代はほとんど田園ばかりだったようですがいまでは工場、倉庫が増えて殺風景です。

●専用線の運用
名鉄OBの方(名鉄以前は南満州鉄道(!)にお勤めだったとのこと)から昭和20年代後半頃の専用線のことを伺ったことがあります。
普段は電車の車掌としてお勤めでたまに小牧基地への貨物車掌乗務が回ってきたそうです。
小牧~豊山を往復するだけの暇な運用だったそうで朝一で豊山に着くと入換して昼に小牧へ戻るまで何もすることが無くポイントを磨いたり側線の草むしりをして時間を潰したとか。
小牧駅では貨車の入換が盛んで突放作業もよく行っていたとのことでした。
突放作業中のブレーキミスで国鉄貨車をぶつけて手すりを曲げてしまったときは土をかけた上でハンマーで叩いて直したとか。
土をかけることでハンマーの跡が付かずバレなかったとのこと・・・もうその貨車もこの世にないでしょうし時効でしょう(^ ^;)

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 00:01:32 | Trackback(0) | Comments(0)