FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
三瀬谷駅の専用線(紀勢本線三瀬谷駅)~その1~
紀勢本線三瀬谷駅は大台ケ原、奥伊勢観光の拠点駅とのことで特急南紀も停車するのですが無人化されている上に現在の市街地には背を向けた立地でどうもぱっとしません。
P1030105.jpg
三瀬谷駅前。駅前広場に客待ちタクシーがいるのがせめてもの救い。

P1030126.jpg
普通列車は313系電車の気動車版キハ25主体。

かつては木材関係の専用線が2つあり専用線一覧1957(昭和32)年版から記載があります。
木材積出駅として栄えたようで過去には1965(昭和40)年製東洋工機製5t貨車移動機(機械番号:06-28-01-126)、1969(昭和44)年協三工業製10t貨車移動機(機械番号:06-28-01-234)が配置されていたそうです。

P1030129.jpg
駅舎横の一般貨物側線。
2面2線ありそれなりに扱い量が多かったようです。
現在は保線用のホッパ車への砂利積込みに使っている様子。

P1030130.jpg
過去の航空写真を見ると貨物上屋もあったようです。

専用線は以下の2本
●大阪営林局尾鷲営林署専用線
作業キロ:0.1km
作業方法:国鉄動車、手押
専用線一覧1957(昭和32)年版~1967(昭和42)年版で確認

P1030124.jpg
亀山寄りにあった尾鷲営林署三瀬谷土場跡(右)はショッピングセンターになってます。
尾鷲営林署専用線はキハ25の止まっている2番線からホームを挟んで2本目(4番線?)の側線と思われます。

P1030115.jpg
土場の面影も無し。
土場跡と駅に高低差が有りますが貨車積込み時はどんな風にしていたのやら?
現在はこちらに国道42号線現道が通っているのでにぎやかになってます。
土場跡のショッピングセンターなど商業施設のほか大台町役場、消防署、警察署、図書館など公的機関もこちら側に集まっておりせめて駅出入口をこちらにも設けるくらいすれば地元の方には便利かと思うのですがいかがなものでしょう?

●大和谷の林鉄、索道と三瀬谷駅
三瀬谷駅近くを流れる宮川上流には御料林があり1937(昭和12)年に帝室林野局名古屋支局愛知出張所の大和谷森林軌道(1,148mの手押軌道)、大和谷索道(962mガソリンエンジン動力)が敷かれ林鉄と索道と引き継いで降ろした木材、木炭をトラックで三瀬谷土場まで運んでいたようです。
御料林は1947(昭和22)年の林政統一後は大阪営林局船津→尾鷲営林署所管の国有林となりますが大和谷林鉄は1968(昭和43)年、大和谷索道は1973(昭和48)年に撤去されて事業が終了したようです。専用線の無くなった時期とも一致しますね。
現在も大和谷索道の巻揚機や櫓はそのまま残ってるらしいのでこちらも気になるところ~。

参考文献:
三重県の森林鉄道-知られざる東紀州の鉄道網-(片岡 督、曽野和郎/著)
専用線一覧表(日本国有鉄道貨物局)
機関車表 フル・コンプリート版(沖田 祐作・著/ネコ・パブリッシング)

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:09:50 | Trackback(0) | Comments(0)