FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
日本重化学工業小国事業所専用線(米坂線小国駅)~その1~
●飯豊山中の化学工場専用線
山形県西置賜郡小国町は飯豊山中の小盆地で新潟県と接しています。
小国駅は米沢~坂町を結ぶ米坂線の主要駅で山中の小盆地に突然大きな工場が現れるので意外な印象を受けます。
米坂線と言うと1972(昭和47)年3月の無煙化前は米沢、坂町区の9600形が活躍することで蒸機ファンに人気のある路線でしたがその貨物が出入りする工場に専用線がありました。
日本重化学工業小国事業所は電池、電子材料を製造していますがこれらの事業は事業所設置以来主力としていたフェロアロイ(合金鉄)技術が元になっています。
フェロアロイは鉄の不純物を除去して耐熱、耐食、抗張力性を高めるために製鉄過程で混ぜる副原料で、鉄にマンガンやクロム、シリコン、モリブデンなど別の金属を結合させてつくります。
1935(昭和10)年10月30日に米沢から延びてきた米坂東線の羽前沼沢~小国が開業した3年後の1938(昭和13)年に小国事業所の前身となる1938(昭和13)年に日本電興(株)が合金鉄生産開始。
会社名は改称や合併で日本電興→東芝電興→日本フェロアロイ→日本重化学工業と変遷しています。

専用線ではこのフェロアロイ生産のための原料入荷、製品出荷が行われていたようです。

作業方法:私有機
作業キロ:私有機0.6km
総延長キロ:1.7km
※作業キロ、総延長キロは専用線一覧1984(昭和59)年版の数値

P1000134.jpg
かなり大きな小国駅舎。
2階の窓が板で塞がれて見た目がちょっと味気無くなっていますが主要駅らしい構えです。
列車本数は少ないですが有人駅でみどりの窓口もあります。

P1000119.jpg
坂町方から見た構内。
1番線(下り本線)に停車中の列車は米沢から乗った発坂町行1131Dキハ112-201+キハ111-202。
小国で30分近く停車するのでその間に専用線跡観察~。
今いる2番(上り本線)、3番線(上り1番線)が発着線として現役。

P1000113.jpg
跨線橋上から坂町方を見た様子。
下り1番線は保線車にレールを積み込むため使うのか残っています。
かつてはその左にも下り2番線が存在しましたがこちらは撤去済み。

P1000118.jpg
上り1番線から坂町方を見た様子。
上り1番線は下り方面(坂町方)へも出発可能。
右の上り2番線の上り1番線との坂町方接続部が撤去されて転車台と滞泊庫に入るだけの線路になってます

P1000109.jpg
1番線から米沢方を見た様子。
2、3番線の出発信号機2本の間に見えるタンク(分岐器融雪用の燃料タンクでしょうね)の辺りに引上げ線が延びており、専用線はそこからスイッチバックして工場に入ってました。



スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:13:00 | Trackback(0) | Comments(0)
日本コンクリート工業鈴鹿工場専用線(関西本線加佐登駅)~その2~
加佐登駅の専用線と貨物扱い跡の続き。

DSC_0216_20170718232833281.jpg
1番線の名古屋方に切れ込みが入るような形で貨物側線がありました。
ここに1台日通のスイッチャーが常駐していたようです。
一般貨物側線兼スイッチャー留置線ということ?

DSC_0219_20170718232834e82.jpg
貨物側線と貨物ホーム跡を1番線末端から見た様子。
貨物ホーム上の上屋は無くなり自転車置き場に転用されています。

<加佐登のスイッチャー>
加佐登にはNo.1、2、4と番号の入ったスイッチャーがいたようです。
こう来ると「No.3は?」となりますがいたのかどうか不明。
●NO.1
No.1は製造年不明(見た目からすると昭和20年代後半?)の加藤10t機。
黄色の日通塗装で側面扉の窓がHゴム化されている以外は名鉄DB-2と同タイプだったようです。
補足:
鈴鹿市と言えば同じ市内に第二海軍航空廠鈴鹿支廠、三菱重工業三重工場専用線 →呉羽紡績鈴鹿工場専用線があり1951(昭和26)年の呉羽紡績専用線として再開業時に日通の加藤10t機(近鉄DB101)が使われていました。
近鉄専用線廃止時に加佐登へスイッチャーを転用したものかも知れません。

●No.2
加藤製作所製10t機で基本的には国鉄貨車移動機(名鉄DB-5のタイプ)と似ているが前面窓が4枚でなく3枚で両側が斜めに垂れ下がったユーモラスな顔つきをしていた。
元は四日市の大協石油(現・コスモ石油)専用線で使われていたものが転属してきたもの。

●No.4
1961(昭和36)年製日立25tCロッド機だが製番が他の機関車と被っていたりして素性不明。
マフラーが防爆仕様になっていたらしくあるいはこちらもNo.2と同じ大協石油専用線から転入したものかも知れません。
No.4も日通四日市支店時代の通し番号だった可能性が高そうです。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 00:06:41 | Trackback(0) | Comments(0)