■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
日本コンクリート工業鈴鹿工場専用線(関西本線加佐登駅)~その1~
鈴鹿の市街地とは鈴鹿川を挟んで離れたところを通る関西本線。
市街地の中にある近鉄鈴鹿線平田町駅から関西本線加佐登駅までは歩いてもそう遠くはないのですが雰囲気は全く違いローカル駅の雰囲気が漂います。
駅の横には日本コンクリート工業鈴鹿工場があり広大な敷地でコンクリート電柱が生産されています。
同工場は1956(昭和31)年設立とのことで専用線一覧でも1957(昭和32)年版から記載があります。

作業方法:日通機
作業キロ:0.2km
総延長キロ:0.3km

コンクリート電柱輸送にはトキ25000形無蓋貨車が使われていたようです。
また加佐登駅は鈴鹿市内各工場の貨物を集約する役割もありました。
発送貨物では鈴鹿川を挟んだ本田技研からオートバイの出荷がありバイク積載用に改造したワキ5000形や改良型のワキ7000形有蓋貨車も加佐登駅を常備駅にしていました。
到着貨物ではコンクリート電柱のセメントがあったようで近所の三岐鉄道東藤原から貨車が来ていたようです。
また飼料サイロもあり、名古屋臨海鉄道知多から穀物ホッパ車ホキ2200形が到着していました。

DSC_0214_20170712225632799.jpg
加佐登駅。10年ほど前に来たときは有人駅で駅前からは近鉄平田町駅行きの三重交通バスが出ていましたが今では無人駅、バスもコミュニティの巡回バスになっていました。

DSC_0217_201707122256347af.jpg
専用線分岐があった方向。亀山方から分岐して櫛型に積込線が分かれていました。
側線は減ったものの今でも敷地の拡がりに面影があります。

DSC_0215_20170712225633e87.jpg
同じ場所で振り返って名古屋、四日市方。
積込線やサイロが並んでいた辺りは住宅地化されて面影なし。

DSC_0211_2017071222563090f.jpg
駅裏手(南側)から見た様子。
駅から芥川を挟んで南が日本コンクリート工業の工場。

参考文献:
日本コンクリート工業webサイト


スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:07:08 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ