FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
某水力発電所のインクライン
富山県の某所。
以前は釣り人が入っており軌道敷内や発電所を除いて立入禁止になってなかったのですが一昨年寄ると立入禁止っぽい雰囲気になってたので正確な場所は伏せます。

DSC_1180.jpg
大正の末に建設された発電所ですが軌道設備はあまり古い感じがしません。
金沢に住んでた頃に気付いた鉄道なので少なくとも25年前からはこの状態。
道路の末端に車庫兼原動機所があります。車両は中にいるようですが見たことはありません。
軌間を測ると1,067㎜でした。

DSC_1195_20170331210922724.jpg
河原へと続く歩道の踏切(?)に軌道敷内は急勾配で危険なため立入禁止とありました。
起点付近は勾配が緩くカーブもあるので中央にプーリーがあることを除けばどこかの専用線のようにも見えます。
すぐそばを旅客鉄道が通っており車窓からも僅かに見えるため車内から初めて見つけた時は「あんな専用線いつ分かれた?」と思ってしまいました。

DSC_1186_20170331210557a38.jpg
すぐにインクラインらしく勾配がきつくなります。

DSC_1182.jpg
正面には発電所のある川。
因みに中央で交換するような場所は無く1台の台車だけを上げ下ろしするタイプ。

DSC_1184.jpg
発電所の手前で一段と勾配がきつくなります。
歩道もここで線路から離れて行ってしまいます。
写っているのは林鉄巡りでよく同行のSKW氏。

DSC_1188.jpg
発電所の建屋に入って線路は終わりのようです。道路で直接近付けないため発電機など重量物を搬出入するときは今でも使っているのでしょう。



スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

未分類 | 21:33:51 | Trackback(0) | Comments(0)