FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
桑名駅~貯木場連絡側線&運河 ~その2 桑名貯木場~
桑名貯木場への流送材は飛騨材が主だったということから飛騨小坂の朝六橋~桑名貯木場~桑名駅までのルートを描いてみました。

川の形は明治時代のヨハネス・デ・レーケによる治水工事以後の姿としてます。それ以前は流路が複雑過ぎて良く分かっていない(^ ^;)
実に160㎞以上の長さ。途中下麻生綱場(岐阜県川辺町。高山本線下麻生駅付近)までは1本ずつの管流しを行い、下麻生で筏に編成、犬山や笠松で乗り組む筏師が交代して桑名まで下ります。
途中木曽川、長良川、揖斐川と移りますが木曽川と長良川では水位に大きな差があるため両河川間に船頭平閘門を挟みます。

DSC_0098_2017011322254267f.jpg
揖斐川から桑名貯木場への入り口。
石積みは大半が積み直されているようですがこの水門付近は当時からのものでしょう。
桑名貯木場は桑名城址の堀を利用し1882(明治15)年に農商務省山林局が設置。
宮内省御料局(後の帝室林野局)が新設されるとそちらに引き継がれ名古屋の白鳥貯木場を補完する役割を持っていました。

DSC_0101_201701132225445b2.jpg
水門から水中貯木場(堀)を見た様子。
桑名城は廃城後石積みが四日市築港に利用され城郭時代の石垣はあまり残っていません。
桑名藩幕末の藩主松平定敬は幕府側の会津藩主松平容保の弟で明治新政府側からも敵視されてましたが桑名では会津若松のような市街戦が行われることはなく無血開城してます。

DSC_0105_20170113222545ad0.jpg
がここまで徹底的に城址が潰されてるのは賊軍の城と言う考えが山林局の役人にあったのか・・・ついつい勘繰ってしまいます。
今は水中貯木場がそのまま九華公園の池となっています。

DSC_0096_20170113222541886.jpg
桑名貯木場の運河とは別に堀を利用したこんな風情のある運河もあります。
ここの石積みは桑名城時代のものが残っているとのこと。

DSC_0115_201701132225475cc.jpg
そしてこんな運河も。
この運河は三重交通北勢線桑名京橋駅(西桑名~桑名京橋は1961(昭和36)年11月1日廃止)に続いておりかつては北勢線とも水陸連絡が行われていたのでしょうか。
背後は諸戸氏庭園。重厚な和風建築の諸戸家本邸、コンクリート倉庫、赤レンガ倉庫が並び建物見本市状態。
諸戸家の諸戸清六は明治時代に桑名で急成長した実業家ですが紀伊半島などで木材業も営み現在の諸戸ホールディングスに連なります。
紀伊半島には諸戸林業の森林軌道(スーパーカブで運材貨車を牽いていた!)もありました。

スポンサーサイト



テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

未分類 | 23:10:35 | Trackback(0) | Comments(0)