FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
関西電力打保水力発電所建設所専用線坂上側線(高山本線坂上駅)
坂上駅・・・読みは「さかかみ」で濁りません。
駅前にはJAのビルや飛騨市宮川振興事務所(旧・宮川村役場)も建って隣の打保駅と比べると開けた感じがします。

DSC_0030_20161111002051713.jpg
随分と立派な駅舎が建ってますが駅員配置なし。
特急ワイドビューひだは通過しますが2016(平成28)年11月現在当駅終点の列車(高山始発1837D)が存在。
ここには前回の打保駅と組で使用された発電所建設用の専用線が敷かれ「坂上側線」と言われてたようです。

DSC_0019_20161111002046736.jpg
2,3番線ホームより富山方を見た様子。
構内は2面3線で追い越しが可能な構造。
3番線(ホーム右の線路)南側にもう1本側線があり保線車用の機関庫が設けられてます。

DSC_0021_20161111002048b6f.jpg
1番線の駅表側にも側線と貨物ホーム、機関庫があります。3番線側が貨車留置線で、必要に応じて貨物ホーム側へ貨車を牽き入れて荷卸ししていたのでしょうか。
後ろの洞泉寺の屋根飾りが何とも豪壮です。
禅宗のお寺ですが・・・そう言えば飛騨は禅寺が多いような気が。
濃尾平野まで来ると真宗ばっかりですが永平寺と山繋がりなのでしょうか。

DSC_0026_2016111100204960e.jpg
2,3番線ホームより岐阜方。
丁度通過したのはワイドビューひだ7号富山行。
3両しかつないでないのに先頭は丸々1両グリーン車のキロ85って需要的にどうよ・・・と思うのですが(^ ^;)


<坂上側線のカトー>
坂上側線にはダム建設時に入換機として日通の加藤製作所製6.5t機が新製配置されていました。
製番:27809 製造年月:1952(昭和27)年11月 機関:KD-4
恐らく見た目は南甲府のカトー君と同型だったのでしょう。
発電所工事終了後はどこか別の専用線へ転属したものと思われますが行方不明です。

参考文献:
坂上水力発電所工事記録(関西電力 坂上水力発電所建設所)
打保発電所新設工事・工事記録(関西電力 打保水力発電所建設所)
加藤製作所 機関車図鑑(岡本憲之編/著 イカロス・ムック)


スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:16:49 | Trackback(0) | Comments(2)