FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
第5回王滝森林鉄道フェスティバル
明日10月9日(日)第5回王滝森林鉄道フェスティバルが長野県王滝村松原運動公園で開催されます。
王滝森林鉄道フェスティバル(王滝村公式案内)
no132-131006-101.jpg

運材列車は酒井工作所5t機No.132が牽く2両編成で運転。
旅客列車は元立山砂防の北陸重機No.142+B客(王滝営林署No.12)とモーターカーNo.4(酒井工作所製)、No.14(同)、No.68(岩崎レール工業製)、元・関電私有車(同)が使われるようです。

今回はNo.84の外観がお披露目されるようですね。
DSC_0338_2016100821120868b.jpg
今年最後に見た5月1日時点ではこの状態でした。

※会場の松原スポーツ公園外周部に動物除けの電線が設置されました。撮影や移動の際は列車の動きと合わせこちらにもご注意ください。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 21:17:37 | Trackback(0) | Comments(0)
名鉄尾西線六輪駅貨物側線跡
名鉄尾西線の元貨物扱い駅。
尾西線沿線はかつてはウドやフキの栽培が盛んで六輪駅などから貨車積みで出荷されていました。
現在この辺の農産物としては植木や銀杏の方が知られてますね。
切り干し大根も尾西線沿線から貨車で一宮へ輸送して取引が行われていたそうです。

DSC_0081_20161006233745fdf.jpg
六輪駅構内は複線化され相対式ホームがあるだけの何の変哲もない配線。
輸送量の割には復線なのが意外と言うくらいです。

DSC_0083_201610062337468c3.jpg
駅西側から一宮方を見た様子。
かつて貨物扱いをしていた頃の退避側線3番線の跡のようです。

DSC_0093.jpg
弥富方の東側にはかつての貨物ホームが残ります。

DSC_0088_20161006233748524.jpg
貨物ホームを東側の道路から見るとこちらにも鉄粉が付着した跡があります。
かつては貨物ホームを挟んだ道路側にも側線が入っていたのでしょうか?

DSC_0092_201610062337517b4.jpg
側線跡や貨物ホームは今は保線用の資材置き場となっています。

DSC_0091_20161006233749166.jpg
側線が本線に合流していたであろう場所には尾西鉄道時代からの鉄製架線柱が一本だけ混じってました。
弥富付近にはまだいくらか残ってますがその他の区間では絶滅したものと思ってました。
以前は尾西線新一宮(現・名鉄一宮)~弥富でよく見かけましたがあれよあれよと言う間にコンクリート架線柱に建て替えられてしまいました。
尾西鉄道が開業させた名古屋本線新一宮(現・名鉄一宮)~国府宮にもかつては同様の架線柱があったようです。


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

名鉄 | 20:43:52 | Trackback(0) | Comments(0)