FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
芦野公園の津軽森林鉄道保存車~2~
芦野公園保存車のうち運材貨車~。


DSC_1375.jpg
説明板には青森SA型木車とありました。
銘板は塗料ペッタリで読み取れませんでしたがいずれも富士重工業製のモノコックトロです。
SA型というのは富士重のメーカー形式で各地に同タイプの運材貨車が納入されました。

DSC_0004.jpg
元客車用の方(手前)はブレーキハンドルの櫓が立っています。運材用は低い位置に丸ハンドルがあるタイプ。
真室川で見た秋田営林局のモノコックトロと同タイプと言うことになりますね。

DSC_0057_20160925210533d50.jpg
しかし違いはあるもの。朝顔カプラーに自動ブレーキが仕込まれています。
機関車がブレーキを掛けると慣性の法則により機関車へ貨車がぶつかって行く力を利用してブレーキを掛けるというもの。
朝顔カプラーに梃子、ブレーキ引き棒が接続されカプラーに連動してブレーキが掛るような仕組みになってます。
ただし展示状態では自動ブレーキの機能を殺すためカプラーと車体の間にストッパー(朝顔カプラー根元からはみ出して見える棒)が挟まれています。

DSC_0003.jpg
客車の車体が載っていた側の運材貨車。転向台の形状が独特ですがこれは復元車体を載せるためにこうしたのか元々かは不明。

DSC_0016_20160925205825dce.jpg
保存車に並行してこんな線路も敷かれていますがこちらは何なのか不明。
今いる酒井+運材貨車がかつてここ設置されていたわけではないらしいです。
一体どんな車両が展示されていたのか気になります。

DSC_0024.jpg
芦野公園からの移動中には津軽鉄道とも交差。
新潟鐵工所2000(平成12)年製の津軽21型103。津鉄は1時間に1本は走っており地方鉄道としては標準的なレベルの運行本数。最初はこれに乗って移動するつもりだったのですが。
青森駅拠点で行動するには五能線の運転本数がネックになること、林鉄跡を巡れないことからレンタカー利用としてました。
次は乗りたいですね。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(青森、秋田営林局) | 21:36:27 | Trackback(0) | Comments(4)