FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
北海道開拓の村 馬鉄
北海道開拓の村と言えば馬鉄(馬車鉄道)で有名ですね。
最初に置くまで行ってしまったので終点側からです。
DSC_1240_201609111529562b0.jpg
終点の車庫。
赤レンガ機関庫風の車庫は馬鉄にはちょっと大仰過ぎる気もします。
レールやダルマ転轍機が良い雰囲気。

DSC_1264.jpg
車両は新しいですが札幌市電の前身である札幌石材軌道→札幌市街軌道同じ762㎜ゲージです。

DSC_1266_20160911153000629.jpg
単線区間は簡易軌道にしてミルク缶をフラットカーに載せて牽いても良さそう。

DSC_1256_2016091115295723c.jpg
途中から複線区間に、この先は札幌市街地のイメージのようです。

DSC_1271_20160911153002402.jpg
複線区間ですれ違ってきたもう1頭の牽く列車。

DSC_1274.jpg
馬と客車の連結部。
意外とアップダウンがある路線で上り勾配では馬も歯を剥きます。
締結棒の横木を車体から延びた2本のパイプ上に載せピンリンク連結器のようにピンで固定してます。
御者は左手で手綱、右手で手回しブレーキを操りますが、ブレーキハンドルの見た目は運材貨車そのもの。
これも転用品でしょうか?


スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

ナローゲージ | 16:15:39 | Trackback(0) | Comments(0)
北海道開拓の村 トラクター群
北海道開拓の村で軌道関係は馬鉄(馬車鉄道)が有名ですがほかにも面白げなものが一杯。
本気で見だしたら夏場は死にそうです(爆)

DSC_1219.jpg
ジャンル違いですがこれは壮観。
富良野の農機具の博物館「土の館」にも行くべきかな(笑)

DSC_1222.jpg
そのうちの一台1927(昭和2)年製フォードソンF型トラクター。
道東の紋別で使用されていたものだそうです。
名前からわかる通り自動車王ヘンリー・フォードの米フォード社で製造されました。
オプションパーツを取り換えれば機関車としても使える代物で、千葉の九十九里鉄道ではガソリンカーのエンジンとしても使用しました。
あのボンネットバスと手作り木造客車を足して2で割ったようなアヤシゲ単端式ガソリンカーの前面に付いていたエンジンがこれだったのですね。(九十九里鉄道廃線時には他のエンジンに換装されてたそうですが)
他にも碌々商店、藤原製作所と言ったメーカーが産業用機関車用として採用。
道南の軽便私鉄にフォードソンの駆動ユニットを載せたガソリン機関車が入っていました。



未分類 | 14:41:52 | Trackback(0) | Comments(0)