FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
坂川鉄道ハ1形客車
停留場の田口、田峰森林鉄道について「「新城営林署の森林鉄道」で再編集しましたが、次回は長野営林局坂下営林署を準備中。
地方私鉄坂川鉄道として営業した坂下森林鉄道1級線や謎の多い同2級線、県境を越える田立森林鉄道1,2級線、湯舟沢森林鉄道(2級線)が対象です。
その中から坂川鉄道の車両について先に一部を載せます。

ハ1形客車
※開業当初の形式はカ15で1938(昭和13)年3月にハ1へ形式変更。
車両数     :2両(ハ1、2)
車種       :四輪車等級無(二等車を訂正)
製造年     :1926(大正15)年
製造       :岩崎レール商会
自重       :1.55t
定員       :座席8人 立席6人 計14人
最大寸法    :L 3251.2mm × W 1955.8mm × H 2825.75mm
固定輪軸距   :1066.8mm
連結器中心高  :381mm
車輪径     :457.2mm

ha1-1.png
木曽のC型客車とよく似ていますが足回りは運材貨車流用ではなくスプリング入り。
車内の座席はテレンプ張りのロングシートとなっており旅客鉄道らしい体裁を整えてます。
通風器は屋根上にトルペード型ベンチレータが2基。
右の妻面(新坂下側)に飛び出しているのは手ブレーキのカバー。当時の大多数の森林鉄道と同じように坂川鉄道の車両には貫通制動が無く、機関車の汽笛合図で客、貨車に乗務した車掌、ブレーキ手が手ブレーキ操作していました。

1944(昭和19)年12月1日の坂川鉄道営業廃止、帝室林野局へ路線譲渡時に機関車、貨車は引き継がれてますが客車はどうなったのかわかっていません。
戦中の混乱期で代替交通機関(濃飛乗合自動車バス路線)も休止状態だったというので便宜上しばらくは使われていたのではないかとも思いますが・・・。

続きを読む >>
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 23:53:51 | Trackback(0) | Comments(0)